ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

体力づくり

平成27年度子どもスポーツふれあい事業

本県では、運動することが楽しいと感じられる子ども、自ら運動に親しむことができる子どもを育てるため、平成22年度より「子どもの体力向上運動プログラム」を作成し、学校における体育的活動への普及に努めています。

学校でのこうした取組を地域・家庭に広め、児童生徒の日常的な運動機会を増やし、子どもの体力向上を図るため、オリンピック選手などのトップアスリートを招き、親子で運動に親しむ「子どもスポーツふれあい事業」を実施しました。

期日・会場及び参加アスリート

 期日(H27年度)

会場参加アスリート

 8月20日(木曜日)

  14時~16時30分

 豊川市総合体育館

佐藤 弘道

     NHK「おかあさんといっしょ」

第10代目たいそうのおにいさん

 8月25日(火曜日)

 14時~16時

 スカイホール豊田

吉田沙保里(レスリング)、登坂絵莉(レスリング)

 8月26日(水曜日)

 14時~16時30分

日進市

スポーツセンター

北原 亘(フットサル)

森岡 薫(フットサル)

12月25日(金曜日)

 14時~16時30分

 愛西市親水公園体育館     朝原 宣治(陸上競技)

◆イベント内容

 ○アスリートのトークショー(デモンストレーション)

 ○親子による運動プログラム(休憩含む)

 ○アスリートとの交流会等

◆参加資格 

 イベントベントが開催される地区(東尾張・西尾張・東三河・西三河)の

 小学校に 在籍する小学1年生から4年生の児童と保護者

◆参加人数

 各会場100組200名程度(申込み多数の場合は抽選)

◆募集期間

 平成27年11月2日(月曜日)~11月13日(金曜日)

◆応募方法 

  募集ページ、募集案内のQRコード、または往復はがきでお申し込みください。

  ※受付は、終了しました。

体力づくり推進事業

 今、児童生徒の体力や運動能力を向上させることは、学校教育における重要な課題となっています。保健体育スポーツ課では、児童生徒の「生きる力」の源でもあります「たくましい体力」を培うことを目指して、各種の体力づくり推進事業を行っています。
 本県では、児童生徒の体力テスト実施率が、ほぼ100%という高い率を誇っています。保健体育スポーツ課では、県内の児童生徒の体力テスト結果を集約して、学校体育報告書を作成し全県状況把握に努めています。
 また、各学校が体力テストの結果をもとにして、児童生徒一人一人に適した体力向上のための具体的な取組を進めるよう働きかけています。さらに、テスト結果が優れている児童生徒に体力章を交付したり、体力づくりへの取組が優良な学校を顕彰したりするなど、体力づくりに向けた様々な事業を推進しています。
 昭和53年から始まった本県の体力づくり推進事業は、「体力づくり推進事業提要」に基づいて進めています。この提要を御覧になっていただくことで、本県の体力づくり推進事業の内容について一層の御理解をいただくとともに、学校・家庭・地域が連携して取り組む児童生徒の体力向上を目指して施策の推進に、積極的に参画していただけることを期待しております。

学校体育報告書

平成27年度版の学校体育報告書(PDFファイル)を掲載しています。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

体力づくり推進事業提要

平成28年度改訂版「体力づくり推進事業提要」(PDFファイル)を掲載しています。

 

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

各種様式

各種様式

児童生徒の体力向上啓発リーフレット

毎日からだを動かそう!

 愛知県の子どもの体力は、平成18年頃から低下傾向に歯止めがかかってきましたが、「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を見ると、小学校においては、運動をほとんどしない児童の割合が高く、女子において顕著です。また、中学生においては、運動をする生徒としない生徒の二極化傾向が見られ、特に女子においては、4人に1人が保健体育の授業以外は全く運動をしていないことが分かりました。このような中で、子どもが運動に親しむ習慣を身に付け、体力を高めるためには、学校体育の充実を図らなければならないと考えます。
 本県では、平成25年3月に、新たなスポーツ推進計画である「いきいきあいちスポーツプラン ~豊かなスポーツライフの創造~」を策定し、学校体育、生涯スポーツ、競技スポーツが連携しながら活力あるスポーツ愛知の実現を目指しています。このプランでは、今後10年以内に子どもの体力がピークとされる昭和60年頃の水準を上回ることを目標に掲げています。
 また、自ら運動に親しむことができる子どもを育てるには、運動することが楽しいと感じさせることが大切になります。そのために低年齢の時期から多様な動きをつくる運動を経験させ、思うように体を動かすための基礎を培っていくことが必要になり、小学校における体育の授業は、重要な運動感覚づくりの場となります。
 そこで、平成22年度に発足した子どもの体力向上支援委員会では、『子どもの体力向上運動プログラム(小学校低中学年向け・小学校高学年向け)』を作成し、公開授業や講習会を通して普及に努めています。また、『多様な動きをつくる運動遊び』のリーフレット、DVD及び活用事例集を県内全小学校に配付し、運動好きの子どもの育成を推進しています。
 平成27年度は、「子どもの体力向上運動プログラム」を御家庭でも実践できるように「親子でアップ!毎日運動カード」を作成しました。ぜひ、御活用ください。                                                       

 

・平成23・24年度子どもの体力向上運動プログラム「活用事例集」 〔多様な動きをつくる運動(遊び)〕

・活用事例集を活かした「指導案例」 〔小学校:1年生実践、2年生実践、3年生実践〕

・平成25・26年度子どもの体力向上運動プログラム「小学校高学年向け」〔体力を高める運動〕

・ 「親子でアップ!毎日運動カード」 ~家でも運動しよう~ [PDFファイル/398KB]

 

 

子どもの体力向上運動プログラム

多様な動きをつくる運動(遊び)

                                                                                                                                     平成23年2月

このたび、本県では、『「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」に基づく子どもの体力向上支援事業』として、小学校低学年・中学年を対象とした「子どもの体力向上運動プログラム〔多様な動きをつくる運動(遊び)〕DVD及びリーフレット」を作成しました。(下記のリンクからDVDの内容を御覧になれます)

さまざまな動きを身につけることが大切とされる小学校低学年・中学年の児童を対象とした、体の基本的な動きを総合的に身につける体力向上運動プログラムです。

ぜひ、小学校の体育授業等で活用していただき、運動好きな子どもたちを育てていただけることを期待しています。

 ・「子どもの体力向上運動プログラム、〔多様な動きをつくる運動(遊び)〕」

  ※愛知県総合教育センターへの外部リンク 

平成23年度実践報告書等

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課

E-mail: sports@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)