ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部保健体育スポーツ課 > 2020年東京オリンピックあいち選手強化事業について

2020年東京オリンピックあいち選手強化事業について

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックあいち選手強化事業における強化指定選手認証式及びトークセッションについて

平成29年6月11日(日曜日)実施

 

  愛知県では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに愛知県ゆかりの選手を多数輩出するため、261名の日本代表及び日本代表候補選手を「強化指定選手」に認定することとし、ウィルあいちで認証式を開催して、大村知事から認定証を授与しました。

  また、認証式に合わせて、オリンピック・パラリンピックメダリスト等によるトークセッションを実施しました。

   

認証式の様子

1

認定証授与(代表:中川選手、登坂選手)

2

激励の言葉(大村知事)

3

激励の言葉(中野議長)

 4

誓いの言葉(代表:髙阪選手、寺本選手)

5

強化指定選手たち

6

会場の皆さんに選手たちを紹介

7

大村知事を囲んで記念撮影

メダリスト等によるトークセッションの様子

1

司会の稲葉寿美アナウンサー

2

ゲストの篠原信一氏、萩原智子氏、杉村英孝氏

4

思い出の写真を見ながらトーク

 4

杉村氏によるボッチャ競技のデモンストレーション

5

篠原氏と萩原氏によるボッチャ対決

6

レスリング栄監督が飛び入り参加

7

ジュニア強化指定選手育成事業(ジュニア育成講習会)がウィルあいちで行われました!

平成29年6月11日(日曜日)実施

  本事業は、ジュニア強化指定選手がトップアスリートに必要な資質及び正しい知識・技術等を身に付けるための基礎・基本を専門家から学び、今後の競技生活に生かすことを目的としています。

 

《会場》

 ウィルあいち

《参加者》

 78名(強化指定選手45名、保護者23名、競技団体関係者等10名)

《講演会の内容》

 講義1 「コンディショニングとパフォーマンス向上のための食事」

      講師:杉島 有希氏(至学館大学 健康科学部栄養科学科助教)

 講義2 「コンディショニングの新しいかたち-乳酸菌で免疫アップ-」

      講師:甲田 哲之氏(大塚製薬株式会社 大津栄養製品研究所所長)

 講義3 「環境適応することは強くなること」

      講師:佐々木 祐一郎氏(中京大学 水泳部コーチ(リオデジャネイロオリンピック日本代表コーチ))

 

当日の様子

1

杉島有希氏

2

杉島氏による講義の様子

3

甲田哲之氏

4

甲田氏による講義の様子

5

佐々木祐一郎氏

6

佐々木氏による講義の様子

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が中京大学で行われました!

平成29年2月25日(土曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知県と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結している中京大学と連携して事業を実施しました。

《会場》

  中京大学

《参加者》

 39名(中学生男子20名、高校生男子19名)

《講師》

 松下 裕輝氏(中京大学スポーツ振興部・CISPオフィス担当)

 伊藤 雅樹氏(中京大学ソフトテニス部コーチ)

《主な研修内容》

 1 講義

   「CISP 入門講座 ~コアトレーニングを動きにつなげよう~」

 2 実技研修

   「ソフトテニス実技講習」

      

当日の様子

①

松下氏によるCISP入門講座

②

ストレッチのポイントを聞く参加者たち

③

二人一組で姿勢の確認

④

椅子を利用したストレッチ

⑤

二人一組による肩のストレッチ

⑥

大学生と一緒にウォーミングアップ

  ⑦

伊藤氏による技能ポイント説明

⑧

グループに分かれて基本練習

⑨

試合形式での練習

⑫

参加者全員で記念撮影

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が東海学園大学で行われました!

平成29年2月25日(土曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。 
 今回は、愛知県と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結している東海学園大学と連携して事業を実施しました。

《会場

 東海学園大学

《参加者》

 中学生25名

《講師》

 星川 佳広氏(東海学園大学准教授)

 黒須 雅弘氏(東海学園大学講師)

《主な研修内容》

 1 講義

   「ユースサッカー選手のフィジカル強化の考え方 ~特にスプリント力について~」

 2 測定

   ・形態(身長、座高)、身体組成

   ・垂直跳

   ・スプリント力(20mタイム) 

   ・プロアジリティテスト(2回の切り返しを含むダッシュのタイム)

 3 実技指導

   「初速を高めるスプリントトレーニングの実践」  

 

当日の様子

 

 

 

1

星川氏による講義

 

 

 

2

測定前の準備運動

 

 

3

身長・座高の測定

 

 

4

垂直跳の測定

 

 

12

スプリント力(20mタイム)のスタート

 

 

15

スプリント力(20mタイム)のゴール

 

 

 

7

プロアジリティテストの計測

 

 

 

8

黒須氏による実技指導前の説明

 

 

 

9

足の運び方についてのポイント説明

 

 

 

10

視聴覚機器を活用したフィードバック

 

 

 

13

参加者の測定結果報告

 

 

 

14

参加者の皆さん

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(企業との連携事業)が行われました!

平成29年1月29日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、トヨタ自動車(株)と連携して実施しました。

《会場》

  トヨタスポーツセンター 女子ソフトボール場

《講師》

 トヨタ自動車(株)レッドテリアーズの選手及びスタッフ(2016年日本リーグ優勝チーム)

《参加者》

 高校生45名

《主な研修内容》 

  • 午前  基本練習(ウォーミングアップ、トレーニング)
  • 午後  走塁練習・守備練習・打撃練習・投球練習
当日の様子

 

1

開講式で挨拶をする主将の坂元選手

 

2

梅尾トレーナーの指導によるトレーニング

3

トヨタの選手たちによるトレーニングの指導

4

走塁の指導を受ける参加者

5

平原選手による投球指導

6

積極的にピッチングについて質問する参加者たち

  6

内野ノックの前に股わりトレーニング

7

坂元選手のノックを受ける参加者たち

9

切り返しの練習をする参加者たち

10

教わったことを意識して反復練習

11

トヨタの選手から指導を受ける参加者たち

12

坂元選手による打撃指導

13

閉講式で参加者を激励する副主将の古澤選手

14

思い出に残る講習会になりました

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(スケート競技(フィギュア))が行われました!

平成29年1月8日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知県スケート連盟と連携して実施しました。

《会場》

  日本ガイシスポーツプラザガイシアリーナ アイスリンク

《講師》

 安藤美姫氏(トリノオリンピック、バンクーバーオリンピック日本代表)

《参加者》

 51名(中学生29名、高校生22名)

《主な研修内容》        

  • 実技講習1「基本スケーティング 音楽表現」
  • 実技講習2「ターンとステップ、スピン他」
当日の様子

 

1

開講式で挨拶をする安藤氏

 

2

ターンのお手本を見せる安藤氏

3

丁寧な指導を受ける参加者たち

4

自然で美しい動きを学ぶ参加者

5

安藤氏による熱心な指導

6

楽しく充実した講習会でした

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(バレーボール競技)が行われました!

平成28年12月26日(月曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知県バレーボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  愛知県体育館

《講師》

 男子 伊東克明氏(第5回東アジア大会日本代表 主将)

 女子 櫻井由香氏(北京オリンピック日本代表)

《参加者》

 高校生110名(男子59名、女子51名)

《主な研修内容》           

  • 実技講習1「基本技術に対する取組み方と練習」
  • 実技講習2「ゲームライクドリル及びゲーム」
当日の様子

 

1

伊東氏による内容説明

 

2

櫻井氏の指導風景

3

伊東氏によるパスの指導

4

レシーブのお手本を見せる櫻井氏

5

元気よくプレーする参加者たち

5

講師のお二人との質疑応答

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が至学館大学で行われました!

平成28年12月23日(金曜日・祝)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。 
 今回は、愛知県と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結している至学館大学と連携して事業を実施しました。

《会場

 至学館大学

《参加者》

 51名(高校生男子40名、女子11名)

《主な研修内容》

 1 ジュニアアスリートのための基礎講座(栄養学講義・実習)

   講師:村上 太郎氏(至学館大学教授)

       杉島 有希氏(至学館大学助教)

       神庭 愛美氏(至学館大学研究員)

 2 ジュニアアスリートに適したトレーニング実習  

   講師:髙橋 淳一郎氏(至学館大学准教授)

       班目 春彦氏(至学館大学准教授)

       仲 立貴氏(至学館大学准教授)

       宮澤 太機氏(至学館大学助教)

至学館大学との連携事業(当日の様子)

 

1

講師紹介

 

2

栄養に関する講義の様子

3

実習(料理カードを用いた弁当づくり)

4

実習(練習後に食べることをイメージした弁当づくり)

5

施設見学(オリンピアンパネル展示)

6

施設見学(レスリング場)

 

7

施設見学(レスリング場綱のぼり)

 

8

SNST(至学館大学栄養サポートチーム)による説明

 

9

ウェイトトレーニング

 

10

SAQ(スピード、アジリティ、クイックネス)トレーニング

 

12

メディシンボールトレーニング

 

14

体幹・四肢のスピード・パワー改善トレーニング

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(体操競技)が行われました!

平成28年12月18日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知体操協会と連携して実施しました。

《会場》

 中京大学豊田キャンパス5号館

《参加者》

 49名

《主な研修内容》

 講師:八田永子氏(平成26、27年度日本オリンピック委員会(JOC)体操競技強化スタッフ、studio MOVE ボディ・アドバイザー&トレーナー)

 ・ ほぐれッチ講習

 

 講師:松本忠親氏(愛知体操協会選手強化委員会強化委員長)

     西村 隼氏(愛知体操協会男子選手強化委員会強化部長)

     笠松和永氏(愛知体操協会女子選手強化委員会強化部員)

     岡田修司氏(愛知体操協会女子選手強化委員会強化部員)

 ・ 種目別指導

当日の様子

 

1

ほぐれッチ講習1

2

ほぐれッチ講習2

3

ほぐれッチ講習3

4

ほぐれッチ講習4

5

種目別指導(男子)

6

種目別指導(女子)

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(水泳競技(水球))が行われました!

平成28年12月17日(土曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、(一社)愛知水泳連盟と連携して実施しました。

《会場》

  愛知県口論義運動公園プール、サンプラザシーズンズ

《参加者》

 69名

《主な研修内容》

 講師:棚村克行氏(リオデジャネイロオリンピック日本代表)

  • 実技講習(戦術、基本技術、シューティングドリルなど)
  • 講義「夢は叶う-夢を叶えるために中学・高校生時代にしておくべきこと
当日の様子

 

1

棚村氏によるディフェンス技術の説明

2

シュートのお手本

3

講義「夢は叶う」

4

たくさんの質問がありました

ジュニア強化指定選手育成事業(講演会)がウィルあいちで行われました!

平成28年12月11日(日曜日)実施

  本事業は、トップアスリートに必要な資質及び正しい知識・技術等を身に付けるための基礎・基本を専門家から学び、今後の競技生活に生かすことを目的としています。

  また、オリンピック出場を目指すジュニア強化指定選手に夢や希望を与えるため、リオデジャネイロオリンピック女子ラグビーフットボール日本代表の兼松由香氏を講師に迎え、特別講演を開催しました。

《会場》

 ウィルあいち

《参加者》

 31名(強化指定選手21名、保護者10名)

《講演会の内容》

 講義1 スポーツ倫理

      講師:近藤 良享(中京大学 スポーツ科学部教授)

 講義2 スポーツ医学(歯科)

      講師:平岡 道郎氏(平岡歯科医院院長 スポーツデンティスト)

 講義3 スポーツ医学(医科)

      講師:熊澤 雅樹氏((公財)スポーツ医・科学研究所 代表理事 医師)

 講義4 アスレティックトレーナーの立場から「ケガの予防について」

      講師:岡戸 敦男氏((公財)スポーツ医・科学研究所 主任理学療法士)

 講義5 食事(栄養)

      講師:松本 範子氏(天理大学体育学部 准教授 スポーツ栄養士)

 講義6 スポーツ科学

      講師:坂口 結子氏(日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンスサポート事業)

 講義7 ドーピング

      講師:竹林 まゆみ氏(愛知県薬剤師会薬事情報センター課長補佐 スポーツファーマシスト)

 特別講演

  演題:「自分の夢に想いをのせて」

  講師:兼松 由香氏

      リオデジャネイロオリンピック女子ラグビーフットボール日本代表

ジュニア強化指定選手育成事業(講習会)当日の様子

1

スポーツ倫理について学ぶ

2

スポーツ医学(歯科)について学ぶ

3

スポーツ医学(医科)について学ぶ

4

ケガの予防について学ぶ

5

食事(栄養)について学ぶ

6

スポーツ科学について学ぶ

7

ドーピングについて学ぶ

8

兼松 由香氏による特別講演

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(カヌー競技)が行われました!

平成28年11月26日(土曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知県カヌー協会と連携して実施しました。

《会場》

  三好池カヌーセンター・三好池カヌー競技場

《参加者》

 46名(午前の部:中学生25名、午後の部:高校生21名)

《主な研修内容》

 講師:藤嶋大規氏(ロンドンオリンピック・北京アジア大会日本代表)

  • 講義「オリンピックに出場して」
  • エルゴメーターの正しい使い方
  • 水上実技
当日の様子

 

1

藤嶋大規氏

2

積極的に質問

3

エルゴメーターの正しい使い方

4

水上実技(中央が藤嶋氏)

ジュニア強化指定選手(中・高校生)を対象としたジュニア育成事業が行われました!

平成28年7月16日(土曜日)から9月11日(日曜日)までの期間内で10日間実施

 本事業は、心身ともに発達途上にあるジュニア選手(中・高校生)が競技生活を送っていくにあたり、正しい基礎知識・技術等を身に付けるために実施するものです。

 今回は、(公財)スポーツ医・科学研究所(県関係団体)において、フィジカルチェックを行いました。この検査・測定を実施することで、自己の身体能力や体の特徴を把握し、検査結果を基にしたフィードバックを受けることで、競技力強化のために必要なトレーニング方法等を理解し、実践するための手立てとします。

 また、フィードバック後のトレーニング成果やシーズン中とシーズンオフの変化などを比較するために年2回実施します。

ジュニア強化指定選手育成事業 第1回検査・測定(当日の様子)

会場となったスポーツ医・科学研究所

会場となったスポーツ医・科学研究所

 1

膝関節筋力測定(動的筋力)

2

関節の可動域を測定する様子

3

動きの特徴を把握する動作チェックの様子

4

ローパワ-(有酸素性パワー)測定の様子

5

ミドルパワー測定の様子

6

反応時間測定の様子

8

フォームチェックの様子

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が日本体育大学で実施されました!

平成28年8月29日(月曜日)から8月31日(水曜日)実施

   本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学・高校生に対し、オリンピアンによる講演会や大学が所有する最先端のトレーニングセンターを活用したトレーニング等の実技指導等をとおして、ジュニア選手のモチベーションを高め、次世代のスポーツ人材の育成を図ることを目的としています。

 今回は、愛知県と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結している日本体育大学を会場にして事業を実施しました。

《会場》

 日本体育大学(東京・世田谷キャンパス、横浜・健志台キャンパス)

《参加者》

 22名(中学生男子10名、中学生女子6名、高校生男子1名、高校生女子5名)

《主な研修内容》

 1 国際交流についての講話

   講師:黒木 豪氏(日本体育大学国際交流センター員)

 2 トレーニングセンタープログラム

   講師:塩島絵未氏(日本体育大学助教)

 3 スポーツ心理学講座

   講師:髙井秀明氏(日本体育大学准教授)

 4 オリンピックメダリスト講話

   講師:具志堅幸司氏(日本体育大学副学長) 

       1980年モスクワオリンピック日本代表選手

       1984年ロサンゼルスオリンピック団体総合3位、個人総合優勝

 5 トランポリン実習

   講師:山崎博和氏(日本体育大学准教授)

 6 その他

   ダブルダッチ体験、施設見学

  

日本体育大学連携事業の様子

1

開講式

2

国際交流についての講話1

3

国際交流についての講話2

4

トレーニングセンタープログラム1

5

トレーニングセンタープログラム2

6

スポーツ心理学講話1

7

スポーツ心理学講話2

8

オリンピックメダリスト講話1

8

オリンピックメダリスト講話2

9

オリンピックメダリスト講話3

9

オリンピックメダリスト講話4

10

オリンピックメダリスト講話5

11

トランポリン実習1

12

トランポリン実習2

13

その他1

14

その他2

15

その他3

16

その他4                                                 

17

閉講式1

18

閉講式

《 問合せ先 》

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課
スポーツグループ
担当 佐藤、原田
内線 3974、3976
(ダイヤルイン)052-954-6797
E-mail: sports@pref.aichi.lg.jp

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が東海学園大学で実施されました!

平成28年2月28日(日曜日)実施

   本事業は、水泳競技(競泳)における県内トップレベルの競技力を有する中学生を対象に、連携大学所属の一流指導者による水中カメラを用いた動作分析や「オリンピックを目指すために」をテーマとした講演会をとおして、ジュニア選手のモチベーションを高めさせるとともに、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。
 
   今回は、昨年度愛知県が「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した東海学園大学を会場にして事業を実施しました。

《会場

 東海学園大学(三好キャンパス)

《参加者》

 19名(中学生男子7名、中学生女子12名)

《主な研究内容》

 1 実技指導 「水中カメラによるフォームチェック」

 2 講義  「オリンピックを目指すために」

    講師:林 享氏(東海学園大学スポーツ健康科学部准教授)   

東海学園大学との連携事業(当日の様子)

開講式

開講式の様子

泳法チェックの様子

泳法チェックの様子

一流選手映像

一流選手の映像から学ぶ

キックの方法

キックの仕方を学ぶ

映像を見つめる

映像に集中する参加者の様子

オリンピックを目指すために

講義「オリンピックに出場するためには」

泳法チェック

水中カメラの映像から学ぶ

記念撮影

講師の林先生と参加者の記念撮影

 

  

ジュニア強化指定選手(中・高校生)を対象とした2回目の育成事業が行われました!

 平成28年1月23日(土曜日)から3月6日(日曜日)までの7日間実施

 本事業は、心身ともに発達途上にあるジュニア選手(中・高校生)が今後、競技生活を送っていくにあたり、正しい基礎知識・技術等を身に付けるために実施するものです。

 今回も第1回同様に、(公財)スポーツ医・科学研究所(県関係団体)を活用し、フィジカルチェックを行いました。この検査・測定を実施することで、自分自身がもつ身体能力や体の特徴を把握し、検査結果を基にフィードバックを行い、競技力強化のために必要なトレーニング方法等を理解し、実践するために役立てます。

 また、今回は、前回の検査・測定と数値を比較し、競技力強化のフィードバックを行いました。

ジュニア強化指定選手育成事業 第2回検査・測定(当日の様子)

検査・測定の説明

検査・測定の説明

検査・測定ローテーション

検査・測定のローテーション

体幹バランスについて学ぶ様子

体幹バランスについて学ぶ様子

ミドルパワーを測定する様子

ミドルパワーを測定する様子

測定結果に基づいたフィードバック

測定結果に基づいたフィードバック 1

測定結果に基づいたフィードバック

測定結果に基づいたフィードバック 2

 

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(バレーボール)が行われました!

平成28年1月17日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、刈谷市総合運動公園「ウィングアリーナ刈谷」にて、愛知県バレーボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  ウィングアリーナ刈谷

《参加者》

 76名(中学生男子36名、中学生女子40名)

《主な研修内容》

  講師:辻健志全日本代表女子チームアシスタントコーチ

  • ストレッチ
  • パス(オーバー、アンダー)
  • ディグ
  • ペッパー(2人組)
  • サーブ(フローター、ジャンプフローター)
  • ペッパー(3人組)
  • スパイク
  • フォーメーション
当日の様子

 

1

ストレッチ

2

パス

3

スパイク

4

フォーメーション

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(バスケットボール)が行われました!

平成28年1月10日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、刈谷市総合運動公園「ウィングアリーナ刈谷」にて、愛知県バスケットボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  ウィングアリーナ刈谷

《参加者》

 29名(中学生男子)

《主な研修内容》

 講師:長谷川健志日本代表監督

 〈午前〉

  • ウォーミングアップ(姿勢、フットワーク)
  • オフェンス(シュートドリル、1対1、2対2)

 〈午後〉

  • ウオーミングアップ(姿勢、フットワーク、ボールハンドリング)
  • オフェンス(4対0、4対4、ミニゲーム)
当日の様子

 

3

ウォーミングアップ

1

1対1

2

2対2

4

ステップワーク講習

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(ハンドボール)が行われました!

平成28年1月5日(火曜日)・6日(水曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、愛知県体育館にて、愛知県ハンドボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  愛知県体育館

《参加者》

 中学生152名(男子・女子)〔5日(火曜日)67名、6日(水曜日)85名〕

《主な研修内容》

  講師:酒巻清治トヨタ車体監督

  • 正しいパスの仕方
  • シュートに結びつくパス・キャッチ
  • オフェンスフットワーク
  • シュートのねらい方
当日の様子
 

1

正しいパスの仕方

2

DFとのかけひき

3

オフェンスフットワーク

4

DFとGKとの連携

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(バレーボール)が行われました!

平成27年12月26日(土曜日)・27日(日曜日)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、刈谷市総合運動公園「ウィングアリーナ刈谷」にて、愛知県バレーボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  ウィングアリーナ刈谷

《参加者》

143名〔26日(土曜日)高校生男子81名、27日(日曜日)高校生女子62名〕

《主な研修内容》

  男子担当講師:南部正司全日本代表男子チーム監督

  女子担当講師:辻 健志全日本代表女子チームアシスタントコーチ

  • パス
  • ディグ
  • レセプション
  • スパイク
  • ブロック
  • サーブ
  • ゲームライクドリルおよびゲーム
当日の様子

男子

体幹

体幹トレーニング

スパイク

スパイク

burokku

ブロック

ゲーム

ゲーム

女子

次世代

講習

次世代

サーブ

次世代

パス

次世代

全体

ジュニア強化指定選手育成事業(講演会)がウィルあいちで行われました!

平成27年12月26日(土曜日)

  本事業は、トップアスリートに必要な資質及び正しい知識・技術等を身に付けるための基礎・基本を専門家から学び、今後の競技生活に生かすことを目的としています。

  また、ロンドンオリンピック女子レスリング金メダリストの小原日登美氏をゲストに迎え、競技生活をとおした経験談を交えて、これからオリンピック出場を目指すジュニア強化指定選手たちに夢や希望を与えるために特別講演を開催しました。

《会場》

 ウィルあいち

《参加者》

 48名(強化指定選手19名、保護者27名、指導者2名)

《講演会の内容》

 1 スポーツ医学(医科)

   講師:熊澤 雅樹氏((公財)スポーツ医・科学研究所代表理事)

 2 スポーツ医学(歯科)

   講師:平岡 道郎氏(平岡歯科医院医院長 スポーツデンティスト)

 3 ウォーミングアップとクーリングダウン

   講師:岡戸 敦男氏((公財)スポーツ医・科学研究所主任理学療法士)

 4 食事(栄養)

   講師:鈴木志保子氏(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部教授)

 5 メンタルトレーニング

   講師:鈴木 壯氏(岐阜教育大学教育学部教授)

 6 ドーピング

   講師:竹林 まゆみ氏(愛知県薬剤師会薬事情報センター課長補佐 スポーツファーマシスト)

 7 特別講演

   講師:小原 日登美氏

       2012年ロンドンオリンピック女子レスリング48kg級金メダリスト

ジュニア強化指定選手育成事業(講習会)

講習会受付

講習会受付

講習を聞く様子

講習会の様子

講習の様子2

ウォーミングアップとクーリングダウンについて学ぶ

講演の様子3

食事(栄養)について学ぶ

講演の様子4

ドーピングについて学ぶ

特別講演

小原日登美氏による特別講演

 

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が至学館大学で行われました!

平成27年12月23日(水曜日・祝)実施

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学・高校生の女子アスリートを対象に、充実した競技生活に向けた正しい知識と実践力を身につけることにより、自己の競技力の向上を図ることを目的としています。
 
 今回は、昨年度愛知県が「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した至学館大学を会場にして事業を実施しました。

《会場

 至学館大学

《参加者》

 45名(中学生女子20名、高校生女子25名)

《主な研究内容》

 1 女子ジュニアアスリートのための基礎講座

   講師:村上 太郎氏(至学館大学教授)
        杉島 有希氏(至学館大学助教)

 2 女子ジュニアアスリートに適したトレーニング実習  

   講師:高橋 淳一郎氏(至学館大学准教授)
        班目 春彦氏(至学館大学准教授)
        仲 立貴氏(至学館大学准教授)
        宮澤 太機氏(至学館大学助教)

至学館大学との連携事業(当日の様子)

開講式

開講式の様子

SNST

SNSTについての説明

栄養指導

資料を活用した栄養学習

栄養指導2

カロリー計算に取り組む様子

栄養指導3

女子アスリートに多い障害を学ぶ

栄養指導4

保護者・指導者とともに学ぶ

あすりーと弁当

あすりーと弁当

昼食

カロリー表を確認する様子

施設見学

施設見学の様子

アップ

ウォーミングアップの様子

トレーニング

コアトレーニングの様子

トレーニング2

上肢トレーニングの様子

トレーニング3

距離を意識したボールキープ練習の様子

トレーニング4

下肢トレーニングの様子

 

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が中京大学で行われました!

平成27年12月19日(土曜日)実施

  本事業は、陸上競技における県内トップレベルの競技力を有する中・高校生を対象に、最先端のコアレーニング理論に関する講義や連携大学所属の一流指導者による実技指導をとおして、ジュニア選手のモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

   今回は、昨年度愛知県が「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した中京大学を会場にして事業を実施しました。

《会場》

  中京大学(豊田キャンパス)

《参加者》

 94名(中学生男子21名、中学生女子19名、高校生男子25名、高校生女子29名)

《主な研修内容》

 1 ジュニア期における身体機能の向上

   講師:青戸 慎司氏(中京大学陸上競技部監督)

       1988年ソウル、1992年バルセロナ、1998年長野オリンピック出場(日本人男子初の夏冬オリンピック出場者)

 2 CISP入門講座 ~コアトレーニングを動きにつなげよう~

   講師:松下 裕輝氏(中京大学陸上競技部跳躍コーチ)

       CISPオフィス主任

 3 コアトレーニングから弾みをつける

   講師:青戸慎司氏(中京大学陸上競技部監督)、松下裕輝氏(中京大学陸上競技部跳躍コーチ)

        市川靖真氏(中京大学陸上競技部コーチ)、寺田健人氏(中京大学4年)

中京大学との連携事業(当日の様子)

開講式の風景

開講式の様子

ジュニア期における身体機能の向上の風景

ジュニア期における身体機能の向上の講義

CISP入門講座~コアトレーニングを動きにつなげよう~の講義

CISP入門講座~コアトレーニングを動きにつなげよう~の講義

実技指導「コアトレーニングから弾みをつける」の様子

実技指導「コアトレーニングから弾みをつける」の様子

青戸先生による実技指導の様子

青戸先生による実技指導の様子

ポイントを意識しながら練習に取り組む選手たち

ポイントを意識しながら練習に取り組む選手たち

次世代につなぐスポーツ人材育成事業が日本体育大学で行われました!

平成27年12月5日(土曜日)・6日(日曜日)実施

 

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学・高校生に対し、オリンピアンによる講演会や大学が所有する最先端のトレーニングセンターを活用したトレーニング等の実技指導をとおして、ジュニア選手のモチベーションを高め、次世代のスポーツ人材の育成を図ることを目的としています。

 今回は、昨年度愛知県が「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した日本体育大学を会場にして事業を実施しました。

《会場》

 日本体育大学(東京・世田谷キャンパス)

《参加者》

 41名(中学生男子6名、中学生女子2名、高校生男子18名、高校生女子15名)

《主な研修内容》

 1 オリンピアンによる講演会

   講師:中村礼子氏(東京スイミングセンター) 

       2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピック2大会連続銅メダル獲得

 2 ストレッチング・ウォーミングアップ講座

   講師:永友憲治氏(日本体育大学非常勤講師)、小川拓郎氏(日本体育大学助教)

 3 スポーツ心理学講座

   講師:園部 豊氏(日本体育大学助教)

 4 トレーニングセンターを活用したトレーニング講座

   講師:菊池直樹氏(日本体育大学研究員)、小林幸次氏(日本体育大学助教)、塩島絵未氏(日本体育大学助教)、関根悠太氏(日本体育大学助教)

 

日本体育大学との連携事業(当日の様子)

名古屋駅にて出発式

名古屋駅にて出発式

開会の挨拶及び日程説明

開会の挨拶及び日程説明

大学の正門にて集合写真

大学の正門にて集合写真

大学の施設見学(1)

大学の施設見学(1)

施設見学(2)(トランポリン体験)

施設見学(2)(トランポリン体験)

オリンピアンによる講演会(1)(中村礼子氏)

オリンピアンによる講演会(1)(中村礼子氏)

オリンピアンによる講演会(2)

オリンピアンによる講演会(2)

 

オリンピアンによる講演会(3)(集合写真)

オリンピアンによる講演会(3)(集合写真)

 

ストレッチング・ウォーミングアップ講座(1)

ストレッチング・ウォーミングアップ講座(1)

 

ストレッチング・ウォーミングアップ講座(2)

ストレッチング・ウォーミングアップ講座(2)

 

スポーツ心理学講座(1)

スポーツ心理学講座(1)

 

スポーツ心理学講座(2)

スポーツ心理学講座(2)

 

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(1)

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(1)

 

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(2)

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(2)

 

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(3)

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(3)

 

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(4)

トレーニングセンターを利用したトレーニング講座(4)

 

閉会の挨拶

閉会の挨拶

 

電光掲示板による表示

電光掲示板による表示

 

 

次世代につなぐスポーツ人材育成事業(バスケットボール)が行われました!

平成27年12月5日(土曜日)実施

 

 本事業は、県内トップレベルの競技力を有する中学生・高校生を対象に、一流の環境や指導者に触れさせることにより、今後の競技生活へのモチベーションを高め、競技力強化に必要な実践力を身に付けさせることを目的としています。

 今回は、刈谷市総合運動公園「ウィングアリーナ刈谷」にて、愛知バスケットボール協会と連携して実施しました。

《会場》

  ウィングアリーナ刈谷

《参加者》

83名(高校生男子49名、高校生女子34名)

《主な研修内容》

1 男子

  講師:大石敬治JBA公認A級コーチ

  • オフェンス
  • オフェンスフットワーク
  • ディフェンス
  • ミニゲーム
  • トレーニング

2 女子

  講師:矢倉直親JBA公認B級コーチ

  • 3人組のシューテイング
  • 3on3スコアリングプレー
  • ミニゲーム
競技団体との連携事業(当日の様子)

開講式

開講式

ディフェンストレーニング

ディフェンストレーニング

ファンダメンタルトレーニング

ファンダメンタルトレーニング

ミニゲーム

ミニゲーム

 

 

 

 

 

 

 

ジュニア強化指定選手(中・高校生)を対象としたジュニア育成事業が行われました!

平成27年8月1日(土曜日)から10月17日(土曜日)までの9日間実施

 

 本事業は、心身ともに発達途上にあるジュニア選手(中・高校生)が今後、競技生活を送っていくにあたり、正しい基礎知識・技術等を身に付けるために実施するものです。

 今回は、(公財)スポーツ医・科学研究所(県関係団体)を活用し、フィジカルチェックを行いました。この検査・測定を実施することで、自分自身がもつ身体能力や体の特徴を把握し、検査結果を基にフィードバックを行い、競技力強化のために必要なトレーニング方法等を理解し、実践するために役立てます。

 また、競技力強化の成果やシーズンインとシーズンオフでの変化を比較するために年2回実施します。

ジュニア強化指定選手育成事業 第1回検査・測定(当日の様子)

会場となったスポーツ医・科学研究所

会場となったスポーツ医・科学研究所

検査・測定の説明を受けるジュニア選手たち

検査・測定の説明を受けるジュニア選手たち

関節の可動域を測定する様子

関節の可動域を測定する様子

動きの特徴を把握する動作チェックの様子

動きの特徴を把握する動作チェックの様子

ランニングマシーンを使った心肺機能測定

ランニングマシーンを使った心肺機能測定

筋力測定を実施する様子

筋力測定を実施する様子

ミドルパワー測定の様子

ミドルパワー測定の様子

測定結果を踏まえてフィードバックしながら説明を受ける様子

測定結果を踏まえてフィードバックしながら説明を受ける様子

 

強化指定選手認証式及びトークセッションが行われました!

 

 

 

 

平成27年7月4日(土曜日)実施

 

 愛知県では、2020年に開催される東京オリンピックに愛知県ゆかりの選手を多数輩出するため、オリンピック実施競技の日本代表レベルにある選手を「強化指定選手」に認定することとし、7月4日(土曜日)、ウィルあいちで認証式を開催して、大村知事から認定証を交付しました。

 また、認証式に合わせて、オリンピック出場経験のある田中理恵氏(体操競技)、朝原宣治氏(陸上競技)、奥野史子氏(シンクロナイズドスイミング)をお招きして、トークセションを実施しました。将来、オリンピック出場を目指す選手たちに向けて、熱い想いを語り、夢と希望を与えていただきました。

強化指定選手認証式&トークセッション(当日の様子) 

大村知事から認定証の授与

大村知事から認定証の授与

 

 

 

認定証を受け取った代表選手

認定証を受け取った代表選手
 山中 良一(やまなか りょういち)日本体育大学 レスリング競技
 松村 泰葉(まつむら やすは)中京大学1年 体操競技
 玉山 義規(たまやま よしき)名古屋中学校3年 セーリング競技
 鍋倉 那美(なべくら なみ)大成高校3年 柔道競技

大村知事からの激励の言葉

大村知事からの激励の言葉

 

 

選手代表誓いの言葉

選手代表誓いの言葉
 西塔 拓己(さいとう たくみ)愛知製鋼(株) 陸上競技
 伊藤 悠乃(いとう はるの)愛知淑徳高校1年 水泳競技

大村知事を囲んでの記念撮影

大村知事を囲んでの記念撮影

 

 

強化指定選手に夢と希望を語るゲストの皆さん

強化指定選手に夢と希望を語るゲストの皆さん
 田中 理恵(たなか りえ) 体操競技
 朝原 宣治(あさはら のぶはる) 陸上競技
 奥野 史子(おくの ふみこ) 水泳競技(シンクロ)

強化指定選手の内定について

平成27年6月18日(木曜日)発表

 

 本県では、2020年に開催される東京オリンピックに愛知県ゆかりの選手を多数輩出し、県民の一体感や気運の醸成につなげるとともに、本県のスポーツ推進を支える好循環を創出するために、オリンピック実施競技の日本代表レベルにある選手を競技団体の推薦をもとに、「強化指定選手」に認定して競技力強化を図ります。

 このたび、その「強化指定選手(内定)」が決まりましたのでお知らせします。

 なお、7月4日(土曜日)ウィルあいちで開催する強化指定選手認証式において正式決定し、大村知事から認定証を渡します。(平成27年6月5日記者発表済)

 認証式当日は、国際大会等で欠席する選手もいますが、強化指定選手への激励をよろしくお願いします。


強化指定選手名簿(内定)及び認証式等について


2020年東京オリンピックあいち選手強化事業における強化指定選手認証式及びトークセッションについて

平成27年6月5日(金曜日)発表

 

 2020年に開催される東京オリンピックに愛知県ゆかりの選手を多数輩出し、県民の一体感や気運の醸成につなげるとともに、本県のスポーツ推進を支える好循環を創出するために、オリンピック実施競技の日本代表レベルにある選手を強化指定選手に認定し、認定証を交付します。

 また、認証式実施に合わせてオリンピック出場者等によるトークセッションも開催します。県民の皆さんも参加いただけますので、皆さんお誘い合わせの上、ふるって御参加ください。

 愛知県の強化指定選手を激励するとともに、5年後に迫った東京オリンピックに向けた気運を盛り上げていきましょう。

 


2020年東京オリンピックあいち選手強化事業における強化指定選手認証式及びトークセッションについて



《 問合せ先 》

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課
スポーツグループ
担当 佐藤康、原田
内線 3974、3976
(ダイヤルイン)052-954-6797
E-mail: sports@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)