ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課 > 「第39回少年の主張全国大会」で愛知県代表の荒島彩乃さんが審査委員会委員長賞を受賞しました

「第39回少年の主張全国大会」で愛知県代表の荒島彩乃さんが審査委員会委員長賞を受賞しました

平成29年11月12日(日曜日)発表 

「第39回少年の主張全国大会」で愛知県代表の荒島彩乃さんが審査委員会委員長賞を受賞しました

 国立青少年教育振興機構主催の「第39回少年の主張全国大会~わたしの主張2017~」が、11月12日(日曜日)に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、全国約54万人の応募者から選ばれた12名の中学生が、発表しました。

 審査の結果、愛知県代表の蒲郡市立蒲郡中学校3年の荒島彩乃(あらしまあやの)さんが、審査委員会委員長賞を受賞しました。

  「第39回少年の主張全国大会」審査結果 [Wordファイル/26KB]

 

 なお、全国大会に出場した12名(出場者一覧参照)全員に、国立青少年教育振興機構理事長より「奨励賞」が贈られました。

  「第39回少年の主張全国大会」出場者一覧 [Wordファイル/30KB]

 

愛知県代表主張要旨

<参考>

 4年前に病気で亡くした母に、日常生活で母が行っていた洗濯や掃除などについて、「ありがとう」の一言を素直に伝 えられなかったことを、今でも後悔している。
 今ある日常は、決して当り前ではない。ありふれた日常の中にある、身近な人の思いに対し、丁寧に向き合い、感謝の気持ちを伝えたい。

問合せ

愛知県 県民生活部 社会活動推進課
青少年グループ
担当 風岡・大谷
内線 2483・2534
ダイヤルイン 052-954-6175