ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部生涯学習課文化財保護室 > あいち山車(だし)まつり日本一(にっぽんいち)協議会

あいち山車(だし)まつり日本一(にっぽんいち)協議会

あいち山車まつり日本一協議会

お知らせ

平成29年度日本の祭シンポジウム開催しました(平成29年9月3日)

シンポジウム開会あいさつ 特別対談 パネルディスカッション 
 

平成29年度総会を開催しました(平成29年7月30日)


平成29年度あいち山車文化魅力発見講座は終了しました

150以上の祭礼と400輌以上の山車を持つ愛知県は全国に誇る山車文化県です。そのあいちの山車文化を一緒に楽しみながら学ぶ平成29年度講座は終了しました。

最終体験「三谷祭」は台風21号のため中止になりました。

須成祭(朝祭) 須成写真2 須成写真3
平成29年8月6日 体験「須成祭り(朝祭)」から

「あいち山車まつり日本一協議会」について

設立年月日

平成27年12月13日

設立の趣旨

愛知県は、「モノづくりあいち」につながる、優れたからくり人形を載せた山車(だし)が集中して所在するなど、全国有数の山車(だし)まつりが所在する地域です。

山車(だし)まつりは、愛知を代表する伝統文化であり、祭人(まつりびと)の気概と心意気をもって行われてきた地域の元気の源、地域の宝であります。

こうした山車(だし)まつりの魅力を引き出して、さらに発展をさせるためには、地域一丸となって山車(だし)文化の気運の高揚を図るとともに、県内外にもその魅力を広めていくことが必要であると考えております。

このことから、山車(だし)まつり保存団体はもちろんのこと、所在市町村・県も参加する協議会の設立をし、保存・継承につなげていきます。

目的

愛知県内全ての山車まつり(山車(だし)、祭車(さいしゃ)及び車楽船(だんじりぶね)を用いる祭礼行事)を対象として、その保存団体及び山車(だし)まつりの所在する市町村の相互交流を通して、山車(だし)まつりのさらなる保存・継承を図るとともに、山車(だし)文化を県内外へ広く発信します。

協議会規約

規約(平成28年4月1日施行) [PDFファイル/165KB]

会員名簿

保存団体会員名簿(平成29年8月1日現在) [PDFファイル/205KB]

市町村会員名簿(平成29年8月1日現在) [PDFファイル/94KB]

役員

役員
  
会長(1名)愛知県知事
副会長(3名)【保存団体】半田山車祭り保存会
【市町村】名古屋市
【県】愛知県教育委員会教育長
(理事)【保存団体】
名駅山車からくり協議会、半田山車祭り保存会、
尾張津島天王祭協賛会、津島山車保存会、
足助山車祭り保存会、挙母祭り保存会、
三谷祭保存委員会、犬山祭保存会、
東海市山車まつり保存協議会、知立山車連合保存会、
市江車保存会、西枇杷島町山車保存会、
須成文化財保護委員会
【市町村】
名古屋市、半田市、津島市、豊田市、
蒲郡市、犬山市、東海市、知立市、
愛西市、清須市、蟹江町
【県】
愛知県振興部観光局観光推進監、愛知県教育委員会生涯学習スポーツ監
監事(2名)【保存団体】東海市山車まつり保存協議会
【市町村】 蒲郡市

広報資料

『あいち山車図鑑(第2版)(平成29年2月1日発行)』を作成しました。
※県内山車(だし)の紹介をしています。

過去の活動

平成28年度活動報告
平成27年度活動報告

問合せ先

あいち山車まつり日本一協議会事務局(愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室内)

住所 〒460-8534 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県庁西庁舎9階)

電話 052-954-6783(ダイヤルイン)

ポスター

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)