ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化財 > 伝統的な子供行事が国の無形の民俗文化財に選択されます!

伝統的な子供行事が国の無形の民俗文化財に選択されます!

平成29年1月27日(金曜日)発表

伝統的な子供行事が国の無形の民俗文化財に選択されます!

国の文化審議会(会長 馬渕明子(まぶちあきこ))は、記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択について、1月27日(金曜日)に文化庁長官に答申しました。そのうち、本県では下記の文化財が該当しますのでお知らせします。

1 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

文化財の名称等
 名 称所在地 保護団体  

尾張西部の子供ザイレン

(おわりせいぶのこどもざいれん)

愛知県愛西市・稲沢市・津島市ほか

特定せず    

2 選定の理由等

資料1 文化財の概要 [PDFファイル/407KB]

資料2 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の制度について等 [PDFファイル/44KB]

問合せ

愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室
保護・普及グループ
担当 皆見・鈴木  内線 3964・3963
ダイヤルイン 052-954-6783
E-mail: syogaigakusyu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)