ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > 平成29年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の出場者を募集します

平成29年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の出場者を募集します

 愛知県では、国籍や民族などのちがいにかかわらず、ともに学び、働くことができ、豊かで活力ある「多文化共生」の社会づくりをめざしています。

 現在、本県における「日本語指導を必要とする外国人児童生徒数」は6,000人を超え全国最多となっており、その全国に占める割合は20%を超えています。

 そこで、外国人児童生徒等が自分の思いや考えを日本語で伝えようとする意識の高揚や、多文化共生に対する理解の促進を図るため、平成29年度も「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」を開催することとし、その出場者を募集します。

1 応募資格

愛知県内に在学又は在住等する者のうち、次の(1)及び(2)を満たす者。

(1) 母語※が日本語以外の者。     ※ 個人が最初に接触、あるいは習得する言語

(2) 小学4年生から中学3年生までに在籍するか、又は学校に通っていない2002年4月2日から2008年4月1日までの間に生まれた者。

2 スピーチテーマ

テーマは自由です。 (例:「将来の夢」、「がんばって覚えた日本語」 など)

3 応募期間

平成29年4月5日(水曜日)から6月29日(木曜日)まで (必着)

4 コンテスト本選出場者

「小学生の部」と「中学生の部」を設け、スピーチ原稿による一次審査を通過した、合わせて15名程度により本選を行います。

5 応募方法

(1) 出場希望者は、原則として学校等所属団体※から、郵送又は持参して御応募ください。ただし、複数の団体から重複して応募することはできません。なお、団体に所属していない場合は、個人で応募いただけます。

  ※小・中学校、外国人学校、NPO、ボランティア教室等

 

(2) ちらし添付様式又は市販の400字詰原稿用紙(A4判・縦書き)のいずれかを用い、次のア及びイにより提出してください。

  ア 日本語により、次のイを含めて1,000字程度で記入してください。

  イ スピーチタイトル、学校等所属団体名、学年・生年月日、氏名、母語、日本居住期間及び当コンテストの本選出場経験の有無※を記入してください。

    ※ 応募者多数の場合は、本選出場経験のない方を優先させていただくことがあります。

〈参考1〉 審査方法について

(1) 第一次審査

 審査員がスピーチ原稿により審査し、コンテスト本選の出場者を選考します。

(2) コンテスト本選における審査

 審査員が出場者のスピーチを聞いて審査し、最優秀賞等を選考します。

(3) 審査内容

 

第一次・本選共通

本選のみ

日本語能力

語彙・表現、文法

発音、抑揚

論旨・論調

構成、意欲、具体性

態度

〈参考2〉 コンテスト本選について

(1) 日時:平成29年8月27日(日曜日) 午後

(2) 場所:愛知県図書館 大会議室 (名古屋市中区三の丸一丁目9-3)

(3) その他詳細は後日改めてお知らせします。

6 表彰・副賞

(1) 最優秀賞:「小学生の部」、「中学生の部」各1名 (副賞:図書カード10,000円分)

(2) 優秀賞:「小学生の部」、「中学生の部」各1名 (副賞:図書カード 5,000円分)

(3) 特別賞:「小学生の部」、「中学生の部」のいずれかから1名 (副賞:図書カード 5,000円分)

(4) 奨励賞:(1)~(3)以外のコンテスト本選出場者 (副賞:図書カード 3,000円分)

 ※最優秀賞受賞者については、コンテスト本選当日に知事が表彰する予定です。

7 その他

 コンテスト本選出場者については、氏名、学校等所属団体名、学年及び母語を愛知県のウェブページに掲載するほか、報道機関を含めた関係者へ提供いたします。コンテスト本選は一般に公開し、報道機関の取材が行われる可能性もあります。

 また、当日の様子を撮影し、写真及び動画を愛知県の広報に活用させていただきます。

 これらについて、あらかじめ御了承の上、御応募ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)