ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > シンポジウム「医療現場での外国語コミュニケーション支援に向けて」を開催します【好評につき定員に達しました】

シンポジウム「医療現場での外国語コミュニケーション支援に向けて」を開催します【好評につき定員に達しました】

シンポジウム「医療現場での外国語コミュニケーション支援に向けて」の開催について【好評につき定員に達しました】

医療通訳の重要性やニーズが年々高まる中、愛知県では「あいち医療通訳システム(AiMIS)」がスタートしてから5年が経ち、病院等における年間利用実績は1,800件を超えています。外国人の方が安心して医療を受けられる環境を整備することを目指して、この度、関係者や一般市民の方々が一堂に会する公開シンポジウムを開催します。【好評につき定員に達しました】

1 日時

平成29年12月17日(日曜日) 13時00分から16時15分まで

2 場所

名古屋国際センター 別棟ホール (名古屋市中村区那古野1丁目47番1号)

※名古屋市営地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ

3 内容

(1) 基調講演

  「日本の医療通訳のゆくえ ~医療通訳の現状と課題~」

  講師:多文化共生センターきょうと 代表理事  重野 亜久里 氏

(2) パネルディスカッション

  パネラー:浅野 輝子 氏(名古屋外国語大学現代国際学部 教授)

          カサノバ エクトル 氏(産婦人科医師)

             葛 冬梅 氏(中国語医療通訳者、東海外国人生活サポートセンター)

         黒田 薫子 氏(スペイン語医療通訳者)

         小松 麻利奈 氏(豊橋市民病院医療通訳者)

  コーディネーター:糸魚川 美樹 氏(愛知県立大学外国語学部 准教授)

4 定員

150名【好評につき定員に達しました】

5 参加費

無料

6 主催

愛知県立大学、あいち医療通訳システム推進協議会

【参考】あいち医療通訳システム推進協議会について

あいち医療通訳システム推進協議会とは、「あいち医療通訳システム」を運営するために、下記の団体が共同で設立した協議会です。

愛知県、県内全市町村、愛知県医師会、愛知県病院協会、愛知県歯科医師会、愛知県薬剤師会、愛知県看護協会、

愛知県立大学、愛知大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学

<あいち医療通訳システムのサービス内容>
サービス名内        容
通訳派遣大学と連携して養成した医療通訳者の派遣
電話通訳24時間365日対応の電話通訳
文書翻訳転院先病院への紹介状等の翻訳

対応言語は、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、フィリピン語(電話通訳は、韓国・朝鮮語も対応)

システムの利用方法等、詳細につきましては以下のWebページを御覧ください。

http://www.aichi-iryou-tsuyaku-system.com