ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > 多文化共生フォーラムあいち2016を開催します

多文化共生フォーラムあいち2016を開催します

多文化共生フォーラムあいち2016 ~外国人が多い地域だからこそできるまちづくり~

 本県には、全国で3番目に多い約21万人の外国人の方が暮らしており、近年、永住化や国籍の多様化が進んでいます。こうした中、これまで以上に国籍や民族などのちがいを超えて相互に理解を深め、日本人県民と外国人県民がともに地域づくりを推進していく必要があります。

 そこで、多文化共生社会の形成に向けて、すべての人に地域社会の一員として地域づくりに積極的に参加していただくため、11月の「あいち多文化共生月間」に合わせ、「多文化共生フォーラムあいち2016」を開催します。

 今回のフォーラムでは、『外国人が多い地域だからこそできるまちづくり』をテーマに、多文化共生推進の活動と他分野の活動とをつなぎ、地域全体で多文化共生のまちづくりに取り組むための方法について考えます。多くの皆様の御参加を心よりお待ちしております。

1 日時

平成28年11月5日(土) 午後1時から午後4時まで

2 場所

名古屋国際センター 別棟ホール
(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

3 定員

250名(先着順)

4 参加費

無料

5 プログラム

13:00~13:05 知事あいさつ

13:05~13:30 愛知県多文化共生推進功労者表彰

          あいち多文化共生作文コンクール優秀作品表彰・朗読

13:30~14:40 基調講演 『日本語教室と地域コミュニティをつなぐ』

          studio-L 代表、コミュニティデザイナー 山崎 亮 

14:50~16:00 パネルディスカッション 『“多文化”を“他分野”につなげる・広げる』

          ※ パネリスト等については下部参照

6 申込み方法・問合せ先

次の参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、Eメール等でお申し込みください。

    愛知県 県民生活部 社会活動推進課 多文化共生推進室 多文化共生推進グループ

    〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県本庁舎2階東)

    TEL:052-954-6138  FAX:052-971-8736  Eメール:tabunka@pref.aichi.lg.jp


【 講師・コーディネーター 】

studio-L 代表、コミュニティデザイナー 山崎 亮 氏

 studio-L代表。東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。慶応義塾大学特別招聘教授。

 1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。「海士町総合振興計画」「studio-L伊賀事務所」「しまのわ2014」でグッドデザイン賞、「親子健康手帳」でキッズデザイン賞などを受賞。

 著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社:不動産協会賞受賞)』『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』『ふるさとを元気にする仕事(ちくまプリマー新書)』『コミュニティデザインの源流(太田出版)』などがある。

【 パネリスト 】

一般社団法人iec 代表理事 河村 八千子 氏

 国籍と言葉と文化の違いを受け入れ、「みんな違ってみんないい!」を合言葉に、利用者と支援者が地域と共生できる場を目指した、児童発達支援・放課後等デイサービス「poco a poco」を運営。外国人を積極的に受け入れる。河村氏はNPO法人フロンティアとよはし理事長も務める。【活動拠点:豊橋市】

NPO法人東海外国人生活サポートセンター 理事長 王 榮 氏

 中国語医療通訳者有志により、在住外国人が安心して、希望を持って暮らせるよう生活全般に対するサポートを行いたいという思いから活動を始める。近年は、外国人の高齢化に対する課題解決に向けて「外国人高齢者と介護橋渡しプロジェクト」にも取り組む。【活動拠点:名古屋市】

NPO法人プラス・エデュケート 代表理事 森 顕子 氏

 国籍、経済力などの差が教育の差とならないよう、外国人の子どもたちへの支援を活動の中心としている。子どもたちの未来のため、将来の日本を支える人材育成のために、主に子どもたちへの日本語教室や学習支援、進路相談、就学支援などを行う。【活動拠点:豊明市】

国際交流NGO Vivaおかざき!! 代表 長尾 晴香 氏

 国籍・文化の壁を越えて誰もが住んでよかったViva(=バンザイ)おかざき!!と思える地域社会のために活動している。外国人向けセミナーや日本語教室、相互理解のための交流イベント、日本人住民と外国人住民をつなぐ人材育成などを行う。【活動拠点:岡崎市】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)