ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 大気環境課 > 悪臭に係る規制地域及び規制基準

悪臭に係る規制地域及び規制基準

 このページでは、悪臭防止法第4条第1項及び第2項並びに平成18年4月県告示第378号に定められた、愛知県内の悪臭に係る規制地域及び規制基準の内容を掲載しています。

1 特定悪臭物質の濃度又は流量に係る規制地域及び規制基準

(1) 規制地域

規制地域

愛知県指定(1町)

大治町
各市指定(4市)名古屋市、春日井市、小牧市、あま市

(注) 名古屋市、春日井市及び小牧市は、別途、条例や要綱などにより、臭気指数による指導の基準等を定めています。あま市には、臭気指数規制方式の地域もあります。

(2) 規制基準

① 敷地境界線における規制基準

敷地境界線における規制基準
特定悪臭物質の種類(22種)第1種地域第2種地域第3種地域
アンモニア1   ppm2    ppm5   ppm
メチルメルカプタン0.0020.0040.01
硫化水素0.020.060.2
硫化メチル0.010.050.2
二硫化メチル0.0090.030.1
トリメチルアミン0.0050.020.07
アセトアルデヒド0.050.10.5
プロピオンアルデヒド0.050.10.5
ノルマルブチルアルデヒド0.0090.030.08
イソブチルアルデヒド0.020.070.2
ノルマルバレルアルデヒド0.0090.020.05
イソバレルアルデヒド0.0030.0060.01
イソブタノール0.9420
酢酸エチル3720
メチルイソブチルケトン136
トルエン103060
スチレン0.40.82
キシレン125
プロピオン酸0.030.070.2
ノルマル酪酸0.0010.0020.006
ノルマル吉草酸0.00090.0020.004
イソ吉草酸0.0010.0040.01

(注) 第1種地域、第2種地域、第3種地域について、県内町村は、各町村役場及び愛知県環境部大気環境課で確認できます。なお、県内各市は、各市役所で確認してください。

② 煙突等の気体排出口における規制基準

煙突等の気体排出口における規制基準
特定悪臭物質の種類(13種)アンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、プロピオンアルデヒド、ノルマルブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、ノルマルバレルアルデヒド、イソバレルアルデヒド、イソブタノール、酢酸エチル、メチルイソブチルケトン、トルエン、キシレン
規制基準気体排出口からの悪臭の最大着地濃度地点での値が敷地境界線における規制基準の値と同等となるよう、悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39条)第3条に定める方法により算出した値(次の換算式によって得られた気体排出口からの排出量)
  q=0.108×He^2・Cm
  q:特定悪臭物質の排出量(Nm^3/h)
  He:補正された気体排出口の高さ(m)
  Cm:敷地境界線における規制基準値(ppm)

③ 排水口からの排出水に係る規制基準

排水口からの排出水に係る規制基準
特定悪臭物質の種類(4種)規制地域の区分Q≦10^(-3)10^(-3)<Q≦10^(-1)10^(-1)<Q
メチルメルカプタン第1種地域0.03   mg/L0.007   mg/L0.001   mg/L
第2種地域0.060.010.003
第3種地域0.20.030.007
硫化水素第1種地域0.10.020.005
第2種地域0.30.070.02
第3種地域10.20.05
硫化メチル第1種地域0.30.070.01
第2種地域20.30.07
第3種地域610.3
二流化メチル第1種地域0.60.10.03
第2種地域20.40.09
第3種地域610.3
(注) Q(単位:m^3/s)は、事業場の敷地外に排出される排出水の量を表す。

2 臭気指数又は臭気排出強度に係る規制地域及び規制基準

(1) 規制地域

規制地域
愛知県指定(15町村)東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村
各市指定(35市)豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市
(注)あま市には、物質濃度規制方式の地域もあります。

(2) 規制基準

① 敷地境界線における規制基準

敷地境界線における規制基準
規制地域の区分第1種地域第2種地域第3種地域
臭気指数121518

② 煙突等の気体排出口における規制基準

煙突等の気体排出口における規制基準
規制基準は、気体排出口からの悪臭の着地点での値が敷地境界線における規制基準の値と同等となるよう、悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39号)第6条の2に定める方法により算出した値

③ 排水口からの排出水に係る規制基準

排水口からの排出水に係る規制基準
規制地域の区分第1種地域第2種地域第3種地域
臭気指数283134

(注)

 臭気指数は、試料を人間の嗅覚で臭気を感じられなくなるまで無臭の空気(試料が水の場合は無臭の水)で希釈したときの希釈倍率(臭気濃度)から次式により算定される。

(臭気指数)= 10×log(臭気濃度)

 

(参考)

臭気指数10:ほとんどの人が気にならない臭気
臭気指数12~15:気をつければ分かる臭気(希釈倍率16~32倍)
臭気指数18~21:らくに感知できる臭気(希釈倍率63~126倍)