ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 環境保全 > 環境規則 > 水銀大気の排出規制

水銀大気の排出規制

 このページでは、大気汚染防止法に基づく水銀の排出規制の概要等を掲載しています。

水銀の排出規制の概要

 大気汚染防止法の一部改正により、平成30年4月1日(※)から水銀及びその化合物(水銀等)の排出規制が始まります。

 ※だだし、水銀に関する水俣条約が日本国について効力を生ずる日が平成30年4月1日後となる場合には、当該条約が日本国について効力を生ずる日からとなります。

1 改正の趣旨

 水銀に関する水俣条約の大気排出関係規制の的確かつ円滑な実施を確保するため、大気汚染防止法が一部改正されました。

2 改正の概要

(1)水銀排出施設に係る届出制度(法第2条第13項、第18条の23等)

  一定の水銀排出施設の設置又は構造等を変更しようとする者は、知事(*)に届出が必要です。

 *名古屋市、豊橋市、岡崎市又は豊田市内の事業所を除く。以下同様。

(2)水銀等に係る排出基準の遵守義務等(法第18条の22、第18条の28、第18条の29等)

  届出対象の水銀排出施設の排出口の水銀濃度の排出基準を定め、当該施設から水銀等を大気排出する者は排出基準を遵守する必要があります。知事は、当該施設が基準を遵守していないときは、必要に応じ勧告・命令ができます。

(3)要排出抑制施設の設置者の自主的取組(法第18条の32)

  届出対象外であっても水銀等の排出量が相当程度である施設について、排出抑制のための自主的な取組を責務として求めています。

リンク

環境省のwebページ「水銀大気排出対策」

問合せ

愛知県 環境部 大気環境課
TEL:052-954-6215
E-mail: taiki@pref.aichi.lg.jp