ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > まちづくり・地域づくり > 土地 > 国土利用計画法に基づく土地取引届出の必要書類

国土利用計画法に基づく土地取引届出の必要書類

届出時に提出する必要がある書類

様式及び届出についての説明資料ダウンロード

様式ダウンロード

記入上の注意・記入例・書類一覧ダウンロード

提出書類一覧表

提出書類一覧表

 

 

名称

内容

提出部数

土地に関する図書

土地売買等届出書(イメージ

指定様式は、当ページからダウンロードできます。A4版でダウンロードして作成し、2部とも押印して下さい。

2

土地売買等に係る契約書の写し

契約書を作成しない場合にはこれに代わるその他の書類でもかまいません。
予約契約の場合であっても必要です。また、契約書の内容全ての写しを提出して下さい。
*契約書の写しは、収入印紙の貼付部分が確認できるようにコピーして提出して下さい。

2

位置図(地形図)※

縮尺10,000~50,000分の1の地図
土地の位置を朱書きしたもの

2

周辺状況図※

縮尺2,500~5,000分の1の地図(位置を朱書き)
(平坦地の場合は、住宅地図で可)

2

公図※

登記簿面積にて売買した場合
隣接地を含む公図の写しに形状を朱書きしたもの

2

実測求積図※

実測面積にて売買した場合
(土地区画整理区域内は、仮換地指定通知書、仮換地証明書又は保留地証明書及び図面でも可)

2

その他

委任状(イメージ

代理人を立てる場合

2

その他参考資料

届出書の記載事項の内容を証明する資料
(事例により異なるので窓口で相談)

2

一団の土地の取引で、同時に複数の届出を行うとき、代表的な届出書の添付図面に各届出対象土地の位置をまとめて示すことにより、他の一団の土地の届出には図面の添付を省略することができます。

一団の土地で代表的な届出書以外の届出書で省略できる図面は、(1)位置図、(2)周辺状況図、(3)公図、(4)実測求積図(上の表中※印が付いたもの)です。この場合、届出毎の土地の位置をそれぞれ朱書きし、あわせて当事者名を記入するなど、各届出に対応する土地の位置が特定できるよう明記してください。

その他詳細は、下記の「届出書の記入例とチェックポイント」を参照してください。

※次の事務処理市町村における土地取引については届出書の宛名を当該市町村長宛として提出してください。

岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、津島市、小牧市、稲沢市、東海市、岩倉市、豊山町、飛島村

届出書の記入例と記入チェックポイント

土地売買等届出書の記入例

土地売買等届出書記入のチェックポイント

土地売買等届出書の様式とセットにした記入のチェックポイントです。記入後のチェックに活用して下さい。

記入のチェックポイント1 土地売買契約(一般的なもの)
記入のチェックポイント2 土地売買契約(代理人がいる場合)

問合せ

愛知県 振興部 土地水資源課 利用・取引規制グループ
電話 052-954-6119(ダイヤルイン)
E-mail: tochimizu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)