ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 入札・契約・公売情報 > プロポーザル > 西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備調査業務の委託先を募集します

西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備調査業務の委託先を募集します

西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備調査業務に係る公募のお知らせ

1 目的

 西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)の整備予定地は、現状が民有地の農地(田畑)であること、予定地内に公共物(道路・水路)があること、本県初の知的障害と肢体不自由の併置校であること等から整備調査を実施する。

2 委託期間

契約締結日から平成29年12月28日(木曜日)まで

3 委託業務概要

 西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備に向けて、必要な調査や法規制への対応方策等を検討するとともに、概ねの施設諸元、配置計画等を検討する。

4 委託金額

委託金額の上限は9,174,000円(消費税及び地方消費税込み)とする。

5 応募資格

次のいずれにも該当することを条件とする。
(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(2) この募集の日から企画提案審査委員会における選定までの期間において「愛知県が行う事務及び事業からの暴力団排除に関する合意書(平成24年6 月29日付け愛知県知事等・愛知県警察本部長締結。以下「合意書」という。)1(1)アに規定する調達契約からの排除措置を受けていないこと。
(3) 企画提案書の提出期限において、愛知県が発注する物品の製造・販売、物品の買受け及び役務の提供等(以下「物品の製造等」という。)に係る指名停止の措置を受けていないこと。
(4) 物品の製造等に係る愛知県競争入札参加資格者名簿(平成28年4月~平成30年3月)の登録者のうち、大分類「03:役務の提供等」、中分類「07:調査委託」、小分類「05:建築調査」の業務分類に該当する者であること。

6 説明会

 下記のとおり説明会を開催する。
 なお、出席は応募の必須条件ではないが、応募を希望する者は可能な限り出席すること。欠席により不利益を受けた場合にも、県はその責任を負わない。
ア 開催日時
  平成29年3月7日(火曜日)午前10時から
イ 開催場所
  愛知県自治センター 地下2階 F2会議室
  名古屋市中区三の丸2-3-2
ウ 参加申し込み
  説明会への参加を希望される方は、平成29年3月6日(月曜日)午後3時までに、電子メールにより、<E-mail:tokubetsushienkyoiku@pref.aichi.lg.jp>宛てに送信、又はファクシミリで送付すること(様式は任意)。
 なお、送信又は送付の際、件名を「西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備調査業務説明会参加について」とするとともに、本文に、法人名、参加者氏名、連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレス)を必ず記載すること。

7 企画提案

当業務に応募される方は、下記により企画提案書を提出する。
ア 提出書類及び提出部数
(ア) 企画提案書(様式1~5) 正本1部(押印したもの)、副本9部
 ・ A4判縦、横書き、左綴じを原則とする。(図表等については、A4判横又はA3判も可とする。)
 ・ 各ページには、ページ番号を付すこと。
 ・ 業務実績を証明する書類(契約書の写し等)を添付すること。
 ・ 資格所持を証明する書類(各種免許の写し等)を添付すること。
 ・ 「社会的価値の実現に資する取組に関する申告書」及び必要に応じ添付書類(写し)を併せて提出すること。
(イ) 法人等の概要がわかる資料(パンフレット等)   10部
(ウ) 見積書(様式2)   1部
    別紙仕様書にある業務内容ごとの内訳が分かるよう、積算内訳を添付すること。
イ 提出期限
  平成29年3月17日(金曜日)午後5時まで(必着)
ウ 提出方法
  持参、郵送(配達証明に限る)又は宅配便(手渡ししたことが証明されるものに限る。)により提出すること。
  直接持参の場合の受付時間は、土・日・祝日を除く平日の午前9時から午後5時までとする。
エ 提出先
  〒460-8534 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
  愛知県教育委員会事務局学習教育部特別支援教育課 振興・就学グループ(愛知県庁西庁舎9階)
オ その他
  企画提案書及び見積書の提出者は、物品の製造等に係る愛知県競争入札参加資格者名簿(平成28年4月~平成30年3月)に登録している契約営業所の代表者(受任者)とすること。

8 審査及び選定

(1) 選定者数
   1者
(2) 審査・選定方法
 企画提案の審査にあたっては、県が設置する「企画提案審査委員会」において審査を行い、最も優れた企画提案のあった1者を選定する。
 ア 第1次審査:原則として、応募者が5者を超えた場合は、提出書類を審査した上で、業務実績や提案見積額等、客観的審査基準により上位5者を選考する。応募数が5者以下の場合は、提出書類の内容を審査した上で第2次審査の対象とする。
 イ 第2次審査:第1次審査で選考された者を対象に、プレゼンテーションにより審査を行う。
 なお、企画提案審査委員会は非公開とし、審査の経過等に関する問い合わせには応じない。また、異議申し立ても一切認めないこととする。
(3) 審査項目
 「実施方針」、「実施体制・類似業務実績」、「具体的な業務内容」、「見積金額の妥当性」、「社会的取組」の各項目について総合的に審査する(詳細は別添募集要項を参照)。
(4) 通知
 審査結果については、全提案者に対して書面で通知する。
(5) 契約
 企画提案審査委員会において選定された1者と、企画提案書と同時に提出された見積書の金額の範囲内で交渉のうえ契約する。なお、この交渉が不調に終わった場合は、次点の者と交渉する。

9 スケジュール

平成29年2月24日(金曜日)  募集開始
平成29年3月 7日(火曜日)  説明会  
平成29年3月 9日(木曜日)  質問書の提出期限
平成29年3月17日(金曜日)  企画提案書提出期限
平成29年3月22日(水曜日)  第1次審査(書類審査)
平成29年3月28日(火曜日)  第2次審査(プレゼンテーション)
平成29年 4月上旬        契約締結

10 契約条件

 本契約は、県議会における当該業務に係る予算成立を条件とする。
 なお、県議会において当該業務に係る予算が成立しなかった場合は、本契約に係る募集を取り消すものとし、これにより企画提案者に不利益が生じたとしても、県はその責任を負わない。

11 その他

(1) 提出期限後の提出書類の再提出及び差替えは原則として認めない。
(2) 企画提案書を提出した後に辞退する際には、辞退届(様式は任意)を提出すること。
(3) 当該業務の契約者が、当然に、西三河南部地区新設特別支援学校(仮称)整備事業に係る今後の業務(基本設計等)の契約者となるものではないこと。
(4) その他
  ア 経費負担
    この企画提案に係る費用は、すべて企画提案者の負担とする。
  イ 著作権
    採用された企画提案書の著作権については県に帰属するものとする。
  ウ 情報公開の取扱い
    (ア)採用された企画提案書については、行政文書開示請求があった場合は、開示する。
    (イ)不採用となった企画提案書については、開示しないものとする。
  エ 提出書類の取扱い
    提出のあった企画提案書等の書類については、返却しない。
  オ 異議の申立て
    本企画提案に参加を希望する業者は、この募集要項、仕様書及び契約書案等に ついての不明を理由として異議を申し立てることはできない。
  カ 契約の手続において使用する言語及び通貨
    日本語及び日本国通貨に限る。

12 関係資料

13 お問い合わせ

愛知県教育委員会事務局学習教育部特別支援教育課 振興・就学グループ
〒460-8534 名古屋市中区三の丸三丁目1-2
電話:052-954-6791(ダイヤルイン)
ファクシミリ:052-954-6964
電子メール:tokubetsushienkyoiku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)