ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 陶磁美術館 > 愛知県陶磁美術館 特別企画展展 沖縄の工芸-琉球ガラス・陶磁器・染織・琉球漆器- を開催します

愛知県陶磁美術館 特別企画展展 沖縄の工芸-琉球ガラス・陶磁器・染織・琉球漆器- を開催します

愛知県陶磁美術館 特別企画展 沖縄の工芸-琉球ガラス・陶磁器・染織・琉球漆器-

≪同時開催:テーマ展示≫ 寄贈記念 陶成雅器 中国陶磁の技術:小川徳男コレクション

 会期:平成28年4月16日(土)~6月19日(日) 
 
 陶磁美術館では、沖縄の工芸4分野(琉球ガラス・陶磁器・染織・琉球漆器)を総合的に紹介する特別企画展「沖縄の工芸」を開催します。同時に、小川徳男氏から平成26年に寄贈された多様な技法に注目した中国陶磁のコレクションを公開します。
 沖縄では、琉球王国時代から、中国や朝鮮半島、そして日本本土と盛んに交流が行われ、独自の文化が形成されていました。また、14世紀から16世紀頃には東南アジアにまで交易の範囲が広がり、アジア各国を結ぶネットワークの拠点となりました。その歴史と風土のなかで育まれた沖縄の工芸は、随所に様々な文化の影響を受けながらも、独特の華やかな魅力を放っています。
 本展では、沖縄の工芸の中から、近代の作品を中心とした陶磁器を始め、県内では過去最大の規模で紹介する琉球ガラス、紅型(びんがた)や花織(はなおり)などの魅力的な染織、螺鈿(らでん)や箔絵(はくえ)などの多彩な技法を用いた琉球漆器まで、総数104点を一堂にご紹介します。

みどころ

■沖縄の工芸作品を県内では初めて総合的にご紹介します。

 近年、沖縄文化に焦点を当てた展覧会が全国各地で開催されておりますが、陶磁器、ガラス、染織、漆器の工芸4分野を紹介する企画は数少なく、県内では初めての総合的な展覧会となります。

■沖縄の工芸作品が持つ明るく力強い美と技の世界をご紹介します。

 展示作品の他に資料や制作工程パネル等も用いて、沖縄の工芸作品が持つ明るく力強い美と技の世界をご紹介します。

1 会  期

平成28年4月16日(土)から6月19日(日)まで
 *休館日:毎週月曜日

2 開会式

日時:平成28年4月16日(土)午前10時30分から午前11時まで
場所:愛知県陶磁美術館 本館1階ロビー
  (瀬戸市南山口町234番地)

3 開館時間

午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
*ただし4月16日(土)は、開会式のため午前11時より

4 会  場

愛知県陶磁美術館 本館 第1・第2展示室

5 主  催

愛知県陶磁美術館

6 共  催

朝日新聞社

7 後  援

愛知県教育委員会・愛知高速交通株式会社(リニモ)

8 主な展示作品等

(※高解像度の広報用画像がございます。担当までお問い合わせください。)
クイナ文金銀箔入(もんきんぎんはくいり)広口花器(ひろくちかき)
1.クイナ文金銀箔入(もんきんぎんはくいり)広口花器(ひろくちかき)
  大城(おおき)孝栄(こうえい)
  制作年不詳
  琉球ガラス村蔵
 大城孝栄が得意とした、鮮やかな紺色のガラスと華やかさを演出する金銀の箔を使用する技法が用いられています。花器の頸の部分に金箔で表されたヤンバルクイナの姿と、口の広がった花器全体の姿が響き合い、ユーモラスで動きのある作品となっています。
イッチン双魚(そうぎょ)文皿(もんさら)
2.イッチン双魚(そうぎょ)文皿(もんさら)
  金城(きんじょう)次郎(じろう)
  1946年-72年 個人蔵
  金城次郎が得意とした魚文を、イッチンと呼ばれる泥状の化粧土を絞り出して描く技法で描いています。2匹の魚の形やウロコの文様が描き分けられ、力強い動的な表現となっています。
黄木綿地(きもめんぢ)松枝垂桜(まつしだれざくら)鶴菖蒲模様(つるあやめもよう)紅型衣裳((びんがたいしょう)
3.黄木綿地(きもめんぢ)松枝垂桜(まつしだれざくら)鶴菖蒲(つるあやめ)模様(もよう)紅型衣裳(びんがたいしょう)
 琉球(りゅうきゅう)王国時代 19世紀
 女子美術大学美術館蔵
 紅型とは、沖縄特有の模様染めの技法および布そのものことを指します。
 本作品は衣裳の肩から裾にかけて複数の型紙を用いた鎖大模様(くさりおおもよう)の紅型衣裳です。鎖大模様とは、異なる模様を鎖のように繋げて衣裳全体に表したものを言います。
山水楼閣(さんすいろうかく)人物図(じんぶつず)箔絵(はくえ)東道盆(トゥンダーブン)
4.山水楼閣(さんすいろうかく)人物図(じんぶつず)箔絵(はくえ)東道盆(トゥンダーブン)
 琉球王国時代 18世紀
  徳川美術館蔵
  東道盆(トゥンダーブン)とは賓客をもてなすためのご馳走を入れる容器のことです。琉球王国時代には、こういった東道盆で客人をもてなしたり、また贈り物として利用していました。
※染織および琉球漆器作品の一部は、前期4月16日(土)~5月8日(日)、中期5月10日(火)~29日(日)、後期5月31日(火)~6月19日(日)の日程で展示替えを行います。
(詳細は当館公式WEBサイトにて http://pref.aichi.jp/touji)

9 関連イベント

●記念講演会(1)「琉球ガラス-その歴史と魅力-」
・日時:4月24日(日) 午後1時30分~3時
・講師:斉藤晴子氏(町田市立博物館学芸員)
・会場:本館地下講堂
*参加費無料、事前申込不要
●記念講演会(2)「沖縄の染織-紅型を中心に-」
・日時:5月21日(土) 午後1時30分~3時
・講師:長崎巌氏(共立女子大学教授)
  ・会場:本館地下講堂
  *参加費無料、事前申込不要
●担当学芸員による展示解説
・日時:4月30日(土)、5月7日(土)、5月14日(土)、6月4日(土)、6月18日(土)
各日午後1時30分~1時間程度
  *開始時間までに第1展示室にお集まりください。
*参加費無料(ただし特別企画展観覧券が必要)、事前申込不要
   ※関連イベントの詳細は当館公式WEBサイトをご覧ください。

テーマ展示 寄贈記念「陶成雅器 中国陶磁の技術:小川徳男コレクション」

 平成26(2014)年度、犬山市在住の小川徳男氏より、96件の中国陶磁を含む合計114件の陶磁コレクションが当館へ寄贈されました。
自動車産業の第一線で長く活躍された小川氏は、偉大な歴史を有する中国陶磁に魅せられ、その後、中国古陶磁を愛好するコレクターたちのグループで、仲間とともに勉強しながら、原始・古代から明・清時代に至るまで系統立てて収集してきました。
小川氏のコレクションは、エンジニア(技術者)の視点から、技術的な側面に注目したユニークな中国陶磁の魅力を私たちに示してくれます。
本テーマ展示は、小川氏によるコレクション寄贈を記念し、コレクションの中核をなす中国陶磁約80件を、製作技法の側面からご紹介します。

みどころ

■中国陶磁のさまざまな色とかたち―どうやって?何のために?

 青磁や白磁、黒釉、緑、オレンジなどの鉛釉、赤絵など、中国のやきものには様々な色が登場します。小川徳男コレクションは、中国陶磁の多様な技法による特徴的な作品が、まるで商品サンプルのように集められている点がとてもユニークです。
本テーマ展示では、やきものに施された「色」、またその「かたち」に焦点をあて、製作技法(色の出し方、かたちの作り方など)や、それぞれのうつわの用途をご紹介します。

1 会  期

平成28年4月16日(土)から6月19日(日)まで
*休館日:毎週月曜日

2 開館時間 

午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

3 会  場

愛知県陶磁美術館 本館 特別展示室および第6展示室
(瀬戸市南山口町234番地)

4 主  催

愛知県陶磁美術館

5 主な展示作品

(※高解像度の広報用画像がございます。担当までお問い合わせください。)
白陶鬹(はくとうき)
1.白陶鬹(はくとうき)
 中国・新石器時代 紀元前2500年~紀元前2000年頃
 中国のやきものの分類では土器も「陶」とよびます。これは白い土を選んで作られた白い土器です。山東省を中心とした黄河下流域で作られていた個性的なうつわのひとつで、酒や水を温める容器でした。
三彩武官俑(さんさいぶかんよう)
2.三彩武官俑(さんさいぶかんよう)
  中国・唐時代 8世紀
  鞏義窯(きょうぎよう)
 高さ80cmもある大型のやきもの製の人形「俑(よう)」です。王や貴族たち有力者の墓の入口の内側に、死者を守る目的で置かれました。この男性はヤマドリの冠をつけていることから宮廷に仕えていた「武官」と考えられます。「文官」俑と対で置かれたものです。
青磁印花牡丹文盤(せいじいんかぼたんもんばん)
3.青磁印花牡丹文盤(せいじいんかぼたんもんばん)
  中国・北宋時代 11-12世紀
  耀州窯(ようしゅうよう)
 印花(いんか)とはスタンプや型で文様をほどこす技法です。この作品は、型を使ってうつわの全面に文様を施したものです。青緑色の青磁釉が文様の影の部分に溜まって、文様の効果を高めています。

6 関連イベント 

●学芸員による展示解説(全3回)
日時:4月29日(金・祝)、5月4日(水・祝)、6月19日(日)
 各日午後1時30分から1時間程度
*開始時間までに特別展示室へお集まりください。
*参加無料(ただし常設展観覧券または特別企画展観覧券が必要)、事前申込不要
※詳細は当館公式WEBサイトをご覧ください。http://pref.aichi.jp/touji

<観覧料>

○特別企画展
   一般900円(720円)、高校・大学生700円(560円)、中学生以下無料
○テーマ展示
  一般400円(320円)、高校・大学生300円(240円)、中学生以下無料
  ・(  )は20名以上の団体料金
  ・特別企画展については各種割引制度あり  (詳細は別添チラシをご覧ください)
  ・テーマ展示は特別企画展の観覧券でご覧いただけます
当館マスコットキャラクター とうじっち

お問い合わせ

愛知県陶磁美術館
担当:佐藤、長久、神崎
電話:0561-84-7474
内線:359、330、359
メール:touji@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)