ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 統計データ > 統計データ > 学校保健統計調査とは

学校保健統計調査とは

 

この調査は、統計法に基づく基幹統計として実施されたものである

1 調査の目的

幼児、児童及び生徒の発育及び健康状態を明らかにし、学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的とする。

2 調査の範囲

幼稚園、幼保連携認定こども園、小学校、中学校、高等学校及び中等教育学校のうち、文部科学大臣があらかじめ指定する学校(以下、「調査実施校」という。)とする。

3 調査の周期・期日

  1. 周期 : 昭和23年度から毎年実施
  2. 期日 : 平成28年4月1日から6月30日までの間に実施された学校保健安全法による健康診断の結果に基づき調査

4 調査の対象

 1 満5歳から17歳までの幼児、児童及び生徒の一部(抽出調査)

 2 調査実施校数、調査対象者数及び抽出率は、次のとおりである。

 
区分学校総数調     査
実施校数
児童等総数発育状態健康状態
調      査
対象者数
抽出率  調      査
対象者数
抽出率
幼稚園548 園44 園33,273 人1,852 人5.6 %3,147 人9.5 %
小学校976 校66 校414,657 人6,329 人1.5 %37,538 人9.1 %
中学校444 校45 校214,196 人5,400 人2.5 %27,753 人13.0 %
高等学校222 校40 校201,655 人3,326 人1.7 %41,677 人20.7 %

注:1 年齢は、平成28年4月1日現在の満年齢である。以下の各表について同じ。
  2 発育状態の調査は、調査実施校に在籍する幼児、児童及び生徒のうち、年齢別男女別に抽出された者を対象とし、健康状態の調査は、調査実施校の
当該年齢の全員を対象としている。
  3 高等学校の18歳以上の生徒及び通信制課程の生徒は調査対象から除いている。  

  4 幼稚園には幼保連携型認定こども園を、中学校には中等教育学校の前期課程を、高等学校には中等教育学校の後期課程をそれぞれ含む。

5 調査事項

 ・幼児、児童及び生徒の発育状態(身長及び体重)

 ・幼児、児童及び生徒の健康状態(疾病・異常の有無)

6 利用上の注意

  統計表の記号の用法は、次のとおりである。

 「-」   ・・・・・ 該当者がいない場合

 「0.0」  ・・・・・ 計数が単位未満の場合

 「・・・」  ・・・・・ 調査対象とならなかった場合

 「X」   ・・・・・ 標本サイズが小さい等のため、統計数値を公表しない場合 

 
 
 

関連コンテンツ

問合せ

愛知県 県民生活部 統計課
学事・農林統計グループ
電話:052-954-6102(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp