ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 教育・学習 > あいちの教育 > 平成30年度愛知県立高等学校生徒募集計画について

平成30年度愛知県立高等学校生徒募集計画について

平成29年11月9日(木曜日)発表

平成30年度愛知県立高等学校生徒募集計画について

 平成30年度の高等学校生徒の受入れについては、過去の実績及び中学校卒業見込者の進路希望状況調査(平成29年9月10日現在)の結果等を勘案し、次のとおり対応することとした。

1 全日制課程

(1) 中学校卒業見込者


 平成30年3月の中学校卒業見込者は、71,399人と見込まれる。(前年度の実績と比べ1,258人の減となる。)
<参考>地区別中学校卒業者の増減状況

区 分

平成30年3月

卒業見込者

平成29年3月

卒業者

増減人員・増減率

尾張部

47,832人 

48,868人 

▲1,036人・▲2.1%

三河部

23,567人 

23,789人 

▲222人・▲0.9%

71,399人 

72,657人 

▲1,258人・▲1.7%


(2) 県立高等学校での受入対応

 高等学校生徒募集計画(全日制課程)の基本的事項である進学率と進学者の公私受入比率については、愛知県高等学校教育研究協議会議の報告(平成3年10月30日)及び過去の受入実績等を踏まえ、公私協議の結果、計画進学率(高等専門学校を含む。)は現行どおり93%とし、公私受入比率は従来どおり国公立2対私立1とした。
 これにより進学者は、国公立44,290人、私立22,112人の合計66,402人として受け入れることとした。
 このうち、県立高等学校については、地域における中学校卒業見込者の増減状況等を総合的に勘案し、中村高等学校始め21校で差引640人、16学級の減を行うこととし、この結果、146校・1校舎で39,960人、999学級を募集することとした。
 16学級減の学科別内訳は、普通科15学級減、専門学科7学級減(商業科7学級減)、総合学科6学級増である。
<表1>県立高等学校全日制課程学科別募集人員・学級数

区 分

普通科

専門学科

総合学科

平成30年度

39,960人 

999学級

27,760人 

694学級

9,760人 

244学級

2,440人 

61学級

平成29年度

40,600人 

1,015学級

28,360人 

709学級

10,040人 

251学級

2,200人 

55学級

▲640人 

▲16学級

▲600人 

▲15学級

▲280人 

▲7学級

+240人 

+6学級

(3) 総合学科の設置

 
 平成28年2月に策定した「県立高等学校教育推進実施計画(第1期)」(以下「第1期実施計画」とする)に基づき、普通科や専門学科という枠にとらわれず、幅広い選択科目の中から、生徒が自己の興味・関心に基づき主体的に科目を選択し、学習できる総合学科を緑丘商業高等学校に設置することとした。なお、平成30年度から校名を緑丘高等学校に変更する。
(4) 普通科コース制の設置

 「第1期実施計画」に基づき、時代の変化やグローバル社会を生きる多様な生徒のニーズを踏まえた高等学校づくりを推進するため、名古屋西高等学校始め7校でコースの設置を行うこととした。
<表2>普通科コース制設置一覧表
学校名平成30年度
名古屋西創造表現コース40人
長久手医療・看護コース20人
半田東教育コース20人
武豊子ども発達コース40人
安城東国際理解コース40人
豊橋南教育コース 40人
福江観光ビジネスコース40人

 

(5) 普通科コース制の改編

 「第1期実施計画」に基づき、ICT機器の活用能力の向上を図るとともに資格取得を目指すため、守山高等学校、衣台高等学校及び一色高等学校の「情報活用コース」を「情報ビジネスコース」に改編することとした。
<表3>普通科コース制改編一覧表
学校名平成30年度平成29年度
守山情報ビジネスコース40人情報活用コース40人
衣台情報ビジネスコース40人情報活用コース40人
一色情報ビジネスコース40人情報活用コース40人

 

(6) 学科改編

 「第1期実施計画」に基づき、地域や社会生活の質的向上を図ることのできる職業人の育成を目指すため、佐屋高等学校及び松平高等学校の生活情報科をライフコーディネート科に学科改編することとした。
<表4> 全日制課程学科改編一覧表
学校名平成30年度平成29年度
佐屋ライフコーディネート科1学級生活情報科1学級
松平ライフコーディネート科1学級生活情報科1学級

 

<参考>全日制課程募集人員・募集学級数

区 分

平成30年度

平成29年度

対前年度比較

県立高等学校

(146校・1校舎)

39,960人 

999学級

40,600人 

1,015学級

▲640人 

▲16学級

名古屋市立高等学校

(13校)

3,840人 

96学級

3,920人 

98学級

▲80人 

▲2学級

国立高等学校

(3校、高専含む)

520人 

13学級

520人 

13学級

― 人 

― 学級

国公立合計

(162校・1校舎)

44,320人 

1,108学級

45,040人 

1,126学級

▲720人 

▲18学級

私立高等学校募集人員

(55校)

22,112人 

22,479人 

▲367人 

 (注) 募集人員等については、それぞれの設置者が発表する数値が正式の募集人員等となる。また、学校数は平成30年度の募集学校数である。

2 定時制課程


 県立高等学校(豊橋市立を含む。)定時制課程の生徒受入れについては、過去の実績及び来年度の入学見込み等を検討した結果、全県では平成29年度と同じく29校で1,720人、43学級を募集することとした。
<参考>定時制課程募集人員・募集学級数

区 分

平成30年度

平成29年度

対前年度比較

県立高等学校

(28校)

1,480人 

37学級

1,480人 

37学級

― 人 

― 学級

豊橋市立高等学校

(1校)

240人 

6学級

240人 

6学級

― 人 

― 学級

名古屋市立高等学校

(2校)

320人 

8学級

320人 

8学級

― 人 

― 学級

合  計

(31校)

2,040人 

51学級

2,040人 

51学級

― 人 

― 学級

 (注) 募集人員等については、それぞれの設置者が発表する数値が正式の募集人員等となる。また、学校数は平成30年度の募集学校数である。

3 通信制課程

 通信制課程の生徒受入れについては、過去の実績及び来年度の入学見込み等を検討した結果、旭陵高等学校を40人減とし、2校で約520人を募集することとした。
<表5>通信制課程学校別募集人員一覧表

学校名

学科名

平成30年度

平成29年度

対前年度比較

旭陵

普通

約280人

約320人

▲40 人

刈谷東

普通

約240人

約240人

- 人

合計(2校)

約520人

約560人

▲40 人

 

 

4 専攻科

 県立高等学校専攻科の生徒受入れについては、過去の実績及び来年度の入学見込み等を検討した結果、瀬戸窯業高等学校及び三谷水産高等学校の2校2学科で40人を募集することとした。
 なお、愛知総合工科高等学校専攻科においては、産業システム科20人(生産システムコース10人、情報システムコース10人)、及び先端技術システム科20人(自動車・航空産業コース10人、エネルギー産業コース10人)の計40人を募集することとしている(※平成29年5月に募集要項公表済み。)。
<表6>専攻科学科別募集人員一覧表
学校名学科名コース名平成30年度平成29年度対前年比
瀬戸窯業セラミック陶芸20人20人― 人
三谷水産海洋技術航海5人5人― 人
機関5人5人― 人
情報通信10人10人― 人
合 計(2校)40人40人― 人

 

<参考>愛知総合工科高等学校専攻科募集人員
学校名学科名コース名平成30年度平成29年度対前年度比
愛知総合工科産業システム生産システム10人10人― 人
情報システム10人10人― 人
先端技術システム自動車・航空産業10人10人― 人
エネルギー産業10人10人― 人
合 計40人40人― 人

 

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 財務施設課
振興・募集計画グループ
担当:石川、伊藤
電話:052-954-6762
E-mail: zaimusisetsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)