ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 財政・税金・県債 > 税金・愛知県債 > 個人の事業税(所得税・住民税)の申告はお早めに

個人の事業税(所得税・住民税)の申告はお早めに

個人の事業税(所得税・住民税)の申告はお早めに

平成29年分の所得に対する個人事業税(所得税・住民税)の申告は、3月15日(木曜日)までに行ってください。
ただし、所得税の確定申告書を提出した方や住民税(県民税・市町村民税)の申告書を提出した方は、改めて個人事業税の申告書を提出する必要はありません(個人事業税の申告期限はこれらの申告期限と同じです。)。
この場合、所得税の確定申告書の「住民税・事業税に関する事項」欄又は住民税の申告書の「事業税に関する事項」欄に該当する事項を必ず記入してください。
なお、所得税は税務署、事業税は県税事務所、住民税は市町村の税務担当課室が所管しています。申告の内容につきましては、それぞれの窓口にお問い合わせください。

【名古屋国税局・税務署からのお知らせ】ご自宅で申告書が作成できます。パソコン・タブレット・スマートフォンから「スマート!確定申告」

確定申告会場は、大変混雑し、長時間お待ちいただく場合があります。
ぜひ、国税庁ホームページ(平成29年分確定申告特集)の「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください。
作成した申告書等は、e-Taxを利用して送信したり、印刷して郵送等により税務署に提出することができるので、税務署に行く手間がかかりません。

【名古屋国税局・税務署からのお知らせ】医療費控除は領収書が提出不要となりました

平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。
医療費控除の申告は「確定申告書等作成コーナー」で!「医療費控除の明細書」も作成できます。

平成29年分確定申告特集(国税庁のページ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)