トップページ当館について>施設の紹介

施設の紹介

 愛知県陶磁美術館の敷地内には、3つの展示館にくわえ、初心者でも気軽にやきものづくりが体験できる陶芸館や、茶室、レストラン、ミュージアムショップなどがあり、やきものを見て・つくって・一日楽しんでいただけます。

本館

  • 本館
  •  

縄文時代から現代に至るまでの日本のやきものの歴史や、外国陶磁、現代陶芸、全国の古窯陶磁資料等を紹介する常設展と多彩なテーマによる企画展を行う展示室があります。
また、講堂、ビデオコーナー、展示説明室、図書室(約40,000 冊の蔵書)及びレストラン「とうじ」、ミュージアムショップを備えています。

  • 休憩室
  • 休憩室
  • ビデオコーナー
  • ビデオコーナー
  • 講堂
  • 講堂
  • 図書室
  • 図書室

愛知県陶磁美術館では特別展示に使用している本館展示室の一室を貸しギャラリーとして皆様に開放しております。

詳細

南館

  • 南館
  •  

2016年2月27日に常設展「もっと伝えたい、愛知のやきもの」としてリニューアルオープンしました。
1階では 愛知のやきもの「今」 を開催します。「街、人、やきもの」をキーワードに、陶産地の次世代を担う「作り手」から「使い手」へ、そして未来を担う子どもたちへ愛知のやきものの魅力を伝えます。
また、2階では 愛知のやきもの1万年 を開催します。縄文時代から明治までの、愛知県におけるやきものの歴史を紹介します。

西館

  • 西館
  •  

人々が願いごとを託して神社等へ奉納したものや、山中の祠前(ほこらまえ)に守護獣として置かれていた表情豊かな陶磁のこま犬(愛知県指定有形民俗文化財)を、常時100点ほど展示しています。
特に江戸時代にはさかんに作られました。魅力あふれる郷土の文化財です。

陶芸館

  • 陶芸館
  •  

陶芸指導員のやさしい指導のもと、予約不要で「作陶」または「絵付け」を体験できます。小さいお子様やご年配の方までどなたでも楽しむことができます。
団体の方の受け入れ(要予約)や、陶芸教室などのイベントも開催しています。

茶室「陶翠庵( とうすいあん)」

  • 茶室「陶翠庵( とうすいあん)」
  •  

日本の伝統美とゆったりとした落ち着いた雰囲気を楽しめる茶室です。
立礼茶席( 椅子席) での喫茶のほか、8帖と4.5帖の2つの茶室は、茶会にもご利用いただけます。
また、ご使用いただく茶碗は、瀬戸・美濃・常滑の陶芸作家のすぐれた作品を月ごとに替えて準備しておりますので、ご自分でお好きな茶碗を選んでご利用いただけます。

古窯館

  • 古窯館
  •  

敷地内から発掘された平安時代-鎌倉時代(12-13 世紀)の窯を展示しています。 当時の様子の再現動画がこちら(外部サイトにリンク)からご覧いただけます。

復元古窯

  • 復元古窯
  •  

瀬戸や美濃で使われていた室町時代(16 世紀)の大窯と江戸時代の登窯(19 世紀)を復元し、紹介しています。

ミニ・ギャラリー(愛知芸術文化センター地下1 階)

  • ミニ・ギャラリー(愛知芸術文化センター地下1 階)
  •  

愛知芸術文化センター(名古屋市東区)地下1階に、当館の出張展示コーナーがあります。ここでは、1年毎にテーマを変え、常設展示を行っています。