トップページコレクション縄文時代>双耳深鉢(そうじふかばち)

コレクション

双耳深鉢(そうじふかばち)  |   Jar with two handles

長野県山形村で出土した本作品は、土器がもっとも発達した縄文時代中期の、中部山岳地方の特徴をよく表している深鉢です。粘土紐を貼りつけた突帯で渦巻状の文様を施し、また口縁には鳥のくちばし状の把手をつけており、こうしたゆたかな装飾性が目を惹きます。煮炊き用の消耗品でもある深鉢にこれほど入念に装飾を施したのは、これらの装飾が単なる飾りではなく縄文の人々の精神文化を表現するものであったからでしょう。
産地・作家 縄文土器
時代・年代 縄文時代中期
総高・高さ(cm) 31
口径(cm) 30
胴径(cm)
その他(cm) 8.5(底径)
備考 長野県東筑摩郡山形村出土
Donated Jomon earthenware..
Period Middle Jomon period, ca.3000-2000 BCE.
Height(cm) 31
Mouth Diameter(cm) 30
Diameter(cm)
Other(cm) 8.5(bottom.d)
Note From Yamagata are, Nagano prefecture