トップページコレクション平安時代末期・鎌倉時代-室町時代>四脚袈裟襷文経筒外容器(けさだすきもんしそくきょうづつがいようき)

コレクション

四脚袈裟襷文経筒外容器(けさだすきもんしそくきょうづつがいようき)|  Cylindrical jar with four decorative lugs and cover, incised parallel lines, for storing a sutra case

渥美半島には伊勢神宮の神領が多く分布していて、渥美窯では宗教的な特殊製品もおおく作られました。袈裟襷文は二重の横線を数条巡らせ、その間を二重の縦施で区画したもので、渥美窯に特徴的な文様の1つです。蓋の上部中央には剥落の痕跡があり、宝珠などの造形が付けられていたと思われます。和歌山県の那智大社の経塚から出土したと伝えられ、須恵器の小椀と青白磁の合子を伴っています。
産地・作家 渥美
時代・年代 平安時代末期(12世紀)
総高・高さ(cm) 33
口径(cm) 20
胴径(cm) 30
その他(cm) 24.0(底径)
備考 伝・和歌山県白浜出土(経塚)
Donated Atsumi ware.
Period Final Heian period, 12th century.
Height(cm) 33
Mouth Diameter(cm) 20
Diameter(cm) 30
Other(cm) 24.0(bottom.d)
Note Pesumably from the Sutra mound, Shirahama area, Wakayama prefecture