トップページコレクション平安時代末期・鎌倉時代-室町時代>水瓶(すいびょう)

コレクション

水瓶(すいびょう)  |  Bottle with long neck

愛知県知多半島では、平安時代末期から現代まで盛んに焼き物が生産されています。水瓶は金属製の仏器をモデルとしたもので、日本列島では古代から須恵器や灰釉陶器として制作されました。
この水瓶は知多半島に特有な、鉄分を多く含んだ陶土を用いて、卵形の胴部に太く直立した頸部が付く砧形に成形しています。頸の周囲に突帯を巡らせる造形は、12世紀代の常滑産水瓶に特有なものです。器体はよく焼き締められて、赤褐色を呈しています。
産地・作家 常滑
時代・年代 平安時代末期(12世紀)
総高・高さ(cm) 26.2
口径(cm) 6.8
胴径(cm) 16.3
その他(cm) 10.4(底径)
備考 伝・愛知県知多郡南知多町芋沢出土
Donated Tokoname ware.
Period Final Heian period, 12th century.
Height(cm) 26.2
Mouth Diameter(cm) 6.8
Diameter(cm) 16.3
Other(cm) 10.4(bottom.d)
Note Presumably from Imosawa site, Minamichita area, Aichi prefecture