トップページコレクション平安時代末期・鎌倉時代-室町時代>三筋壺(さんきんこ)

コレクション

三筋壺(さんきんこ)  |  Jar, incised three parallel lines

三筋文壺は三本の複線ないし単線の横線を巡らせたもので、初期常滑窯の代表的な器種の一つです。三筋壺は経塚の副納品や骨壺として用いられました。三筋文の意味は不詳ですが、縦長の器体を引き締める効果があります。
本器は鉄分の少ない陶土を用いて、卵形の胴部や薄く外反する口縁部を造形しています。焼成中に薪材から生じた自然の灰釉(自然釉)が器面にかかって緑色を呈し、幾筋もの流れを生じていて、器面の色彩を豊かにしています。
産地・作家 常滑
時代・年代 平安時代末期(12世紀)
総高・高さ(cm) 24.2
口径(cm) 10.5
胴径(cm) 17.2
その他(cm) 8.2(底径)
備考
Donated Tokoname ware.
Period Final Heian period, 12th century.
Height(cm) 24.2
Mouth Diameter(cm) 10.5
Diameter(cm) 17.2
Other(cm) 8.2(bottom.d)
Note