トップページコレクション桃山時代>黄瀬戸茶碗(きせとちゃわん)

コレクション

黄瀬戸茶碗(きせとちゃわん) | Tea bowl, decorated with incised floral design. Ki-seto style.

黄瀬戸とは黄色く発色した瀬戸焼の意味で、灰釉を主体とし、美濃の大窯で焼成されました。釉薬の発色や肌合いによって「油揚手」「ぐい呑手」などと呼び分けられ愛玩されてきました。
この茶碗は半筒形ですが、高台の作りから、当初は向付(むこうづけ)などの食器であったことがわかります。正面に愛らしい花を印刻し、胴紐(どうひも)をめぐらせ、高台は大きく低い正円に、見込は平らに作られています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(16世紀末期)
総高・高さ(cm) 7.2
口径(cm) 11
胴径(cm)
その他(cm) 10.9(底径)
備考 川崎音三氏寄贈
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, late 16th century.
Height(cm) 7.2
Mouth Diameter(cm) 11
Diameter(cm)
Other(cm) 10.9(bottom.d)
Note Gift of Mr.KAWASAKI Otozo.