トップページコレクション桃山時代>志野果樹文鉢(しのかじゅもんはち)

コレクション

志野果樹文鉢(しのかじゅもんはち) | Shallow bowl, fruiting tree design. Shino style.

志野は国内初の下絵付陶器で、文様を描いた上に長石釉を施しています。なかでも鉢は、円形・方形に変化をつけたものが多く、縁をゆったりと歪ませたり大胆な文様を描くなど、おおらかな雰囲気を醸かもし出しています。
この鉢は果樹と飛び交う千鳥がいきいきと描かれ、長石釉も厚く掛けられています。 茶の湯のもてなし料理「懐石」で用いる器として作られ、底には脚が四足付いています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(16末-17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 7.9
口径(cm) 27.0-28.5
胴径(cm)
その他(cm)
備考
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, 16th-17th century.
Height(cm) 7.9
Mouth Diameter(cm) 27.0-28.5
Diameter(cm)
Other(cm)
Note