トップページコレクション桃山時代>志野草花文水注(しのそうかもんすいちゅう)

コレクション

志野草花文水注(しのそうかもんすいちゅう) | Ewer, with glass design. Shino style.

この水注は胴がくびれた重ね餅形に作られ、文様は胴に三ツ葉の唐草文と間道文、吊り手には半裁繋ぎ七宝文が描かれています。また、粘土塊で表現した金具が吊り手の付け根にあることから、鉄瓶などを模したものではないかと思われます。長石釉はよく溶けて細かな貫入が入り、織部に近い形をしています。懐石(かいせき:茶の湯のもてなし料理)などの場で、酒器あるいは湯次として用いられました。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(16末-17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 4.8
口径(cm) 13.5
胴径(cm) 15.9
その他(cm)
備考
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, 16th-17th century.
Height(cm) 4.8
Mouth Diameter(cm) 13.5
Diameter(cm) 15.9
Other(cm)
Note