トップページコレクション桃山時代>鼠志野花文向付(ねずみしのはなもんむこうつけ)

コレクション

鼠志野花文向付(ねずみしのはなもんむこうつけ) | Shallow bowl, with floral design. Grey Shino style.

鼠志野とは、白い素地を黒く鉄化粧(下地に鉄を塗ること)し、その面を掻き落として文様を白く表し、上から長石釉をかけて焼成したものです。絵志野を白黒反転させたように鼠色の地に象嵌で文様を描いています。
この向付には可憐な草文と列点文、線状文が表され、柔らかな風合いに焼成されています。全体は変化に富んだ形をしており、口縁を抱え込ませ、底には小さな三脚が付いています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(16末-17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 4.7
口径(cm) 15
胴径(cm)
その他(cm)
備考 川崎音三氏寄贈
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, 16th-17th century.
Height(cm) 4.7
Mouth Diameter(cm) 15
Diameter(cm)
Other(cm)
Note Gift of Mr.KAWASAKI Otozo.