トップページコレクション桃山時代>黒織部茶碗(くろおりべちゃわん)

コレクション

黒織部茶碗(くろおりべちゃわん)  |  Tea bowl. Black Oribe style.

黒織部は鉄釉を掛けた器を焼成中に窯内から引き出して急冷させ、漆黒色に発色させたものです。鉄釉を一部掛け残し、その部分に鉄絵を、あるいは鉄釉部分に掻き落し文様を描いています。江戸時代初期、岐阜県土岐市の元屋敷窯や窯ヶ根窯などで作られましたが、窯は唐津から導入された「連房式登窯」、当時最先端の焼成技術でした。 この茶碗には、織部特有の幾何学文が両面とも描かれています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 7.2
口径(cm) 14.6×10.0
胴径(cm) 15.0×13.0
その他(cm) 6.0×5.7(底径)
備考 高台脇「十」刻銘/加藤舜陶氏寄贈
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, early 17th century.
Height(cm) 7.2
Mouth Diameter(cm) 14.6x10.0
Diameter(cm) 15.0x13.0
Other(cm) 6.0x5.7(bottom.d)
Note Gift of Mr.KATO Shunto.