トップページコレクション桃山時代>織部角向付(おりべかくむこうつけ)

コレクション

織部角向付(おりべかくむこうつけ)  |  Polygonal bowls. Oribe style.

この向付は形や種類の違ったものを寄せ集めて一組とした寄向(よせむこう)です。板状にのばした粘土を切り取って貼り付け形作る「たたら造り」で成形されたもので、山形・L形(鍵形)など、角形の変形をうまく組み合わせています。描かれているのは3客が梅花、1客は花鳥らしきもの、もう1客は総織部で緑釉を三角形に抜いています。底には三脚がつけられています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(17世紀初頭)
総高・高さ(cm)
口径(cm)
胴径(cm)
その他(cm)
備考
Donated Mino ware.
Period Momoyama period,early 17th century.
Height(cm)
Mouth Diameter(cm)
Diameter(cm)
Other(cm)
Note