トップページコレクション桃山時代>総織部輪花皿(そうおりべりんかさら)

コレクション

総織部輪花皿(そうおりべりんかさら)  |  
Foliated dishes, with carved design of a pair of herons. So-Oribe style.

緑釉を器全体にかけたものは総織部(そうおりべ)とよばれます。釉下に線刻や印花などで文様が描かれ、端正なろくろ成形のものがほとんどです。
この作品は繊細な花弁をかたどった輪花形で、中央に鷺らしき鳥が二羽、さらに縁も含め全体にはびっしりと文様が描かれています。緑釉は意識的に一部かけはずされ、高台は削り出し高台になっています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山時代(17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 2.8
口径(cm) 16.5
胴径(cm)
その他(cm) 8.6(底径)
備考
Donated Mino ware.
Period Momoyama period, early 17th century.
Height(cm) 2.8
Mouth Diameter(cm) 16.5
Diameter(cm)
Other(cm) 8.6(bottom.d)
Note