トップページコレクション桃山時代>絵唐津葦文水指(えからつあしもんみずさし)

コレクション

絵唐津葦文水指(えからつあしもんみずさし)  |  Fresh water container, reeds design. E-karatsu style.

桃山から江戸初期に焼かれた唐津焼は、特に「古唐津」と呼ばれ多くの人々に愛されています。その素朴で奔放な造形や絵付けに、深い魅力を見出すファンが現在でも絶えません。
この作品は、算盤玉形の水指です。この器形は、唐津を創始した陶工が朝鮮半島にルーツをもつことを思わせるものです。肩部にかけて、鉄絵でごくシンプルに芦文を描いています。大きさのわりに手取りは重く、このようなざっくりとした成形の味わいも古唐津の楽しみの一つです。
産地・作家 唐津
時代・年代 桃山時代(17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 15.5
口径(cm) 11.9
胴径(cm) 19
その他(cm) 8.8(底径)
備考
Donated Karatsu ware.
Period Momoyama period, early 17th century.
Height(cm) 15.5
Mouth Diameter(cm) 11.9
Diameter(cm) 19
Other(cm) 8.8(bottom.d)
Note