トップページコレクション桃山時代>絵唐津葦文向付(えからつあしもんむこうつけ)

コレクション

絵唐津葦文向付(えからつあしもんむこうつけ)  |  Shallow bowls, with reed design. E-karatsu style.

唐津焼は、豊臣秀吉の全国統一が果たされる頃に創始しています。茶の湯を重視した秀吉の影響は、九州のやきものの発展の一因ともなっています。
この作品は、薄手の轆轤成形で口は四弁の花のように成形され、愛らしい印象の向付となっています。見込みと内側面に鉄で芦や植物を描き、透明度の高い釉をかけて焼成しています。とくに内側面は、口縁の形に合わせて4つの窓に区切られ、一窓ごとに文様を収めており、全体的にバランスの良い器といえるでしょう。
産地・作家 唐津
時代・年代 桃山時代(17世紀初頭)
総高・高さ(cm) 5.9
口径(cm) 12.9
胴径(cm)
その他(cm) 4.7(底径)
備考
Donated Karatsu ware.
Period Momoyama period, early 17th century.
Height(cm) 5.9
Mouth Diameter(cm) 12.9
Diameter(cm)
Other(cm) 4.7(bottom.d)
Note