トップページコレクション江戸時代>鉄絵雲鶴文六角鉢(てつえうんかくもんろっかくはち)

コレクション

鉄絵雲鶴文六角鉢(てつえうんかくもんろっかくはち)  |  
Hexsagonal pedstalled bowl, cloud and cranes design.

江戸時代の瀬戸では、凝った形の食器なども生産しています。
この鉢は、ロクロと型を使って成形された、すっきりとした形の台鉢です。瀬戸特有の陶土の白さを活かし、「鬼板(おにいた)」を用いて絵付けを施しています。見込みには鶴と雲が描きこまれ、鉢部分の側面も亀甲文様などで埋め尽くされています。その上から掛けられた透明度の高い釉薬のツヤのある表面が、絵付けを鮮やかに引き立てています。脚には3ヶ所透かしがあり、全体に凝った形の器となっています。
産地・作家 瀬戸
時代・年代 江戸時代後期(19世紀)
総高・高さ(cm) 12.3
口径(cm) 17.5×20.2
胴径(cm)
その他(cm) 12.3(底径)
備考
Donated Seto ware.
Period Edo period, 19th century.
Height(cm) 12.3
Mouth Diameter(cm) 17.5x20.2
Diameter(cm)
Other(cm) 12.3(bottom.d)
Note