トップページコレクション江戸時代>織部竹文三足皿(弥七田織部)(おりべたけもんさんそくさら)(やひちだおりべ)

コレクション

織部竹文三足皿(弥七田織部)(おりべたけもんさんそくさら)  |  
Three-legged dish, bamboo design, Yasichida-Oribe style.

緑釉が軽妙に流し掛けされたこのタイプの織部は、弥七田窯(やひちだかま)(岐阜県可児市)で焼かれたことから弥七田織部と呼ばれています。大胆で鮮烈な印象の織部の最後がこの弥七田織部であり、その終末も寛永7年(1630)頃と考えられています。
この皿は中央に竹が勢いよく描かれ、左右に赤土で描かれた筍と、リズミカルな濃い緑釉が色彩効果をあげています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山~江戸時代(17世紀初期)
総高・高さ(cm) 4.6
口径(cm) 24.2
胴径(cm)
その他(cm)
備考
Donated Mino ware.
Period Edo period, 17th century.
Height(cm) 4.6
Mouth Diameter(cm) 24.2
Diameter(cm)
Other(cm)
Note