トップページコレクション江戸時代>志野織部馬上杯(しのおりべばじょうはい)

コレクション

志野織部馬上杯(しのおりべばじょうはい)  |  Stem cup, Shino-oribe style.

志野織部とは、織部釉(銅緑釉)をかけず、上釉(うわぐすり)がガラス質に解けきって下絵が明瞭にあらわれたものを称しています。緑釉の流し掛けは見られませんが、弥七田窯(やひちだかま)(岐阜県可児市)で焼かれた「弥七田織部」の一種です。
この茶碗は底部に脚を接合させた台付の碗で、文様は蛇籠に亀甲文を組み合わせ、梅鉢文とともに描かれています。
産地・作家 美濃
時代・年代 桃山~江戸時代(17世紀初期)
総高・高さ(cm) 8.3
口径(cm) 15.6
胴径(cm)
その他(cm) 5.3(底径)
備考
Donated Mino ware.
Period Edo period, 17th century.
Height(cm) 8.3
Mouth Diameter(cm) 15.6
Diameter(cm)
Other(cm) 5.3(bottom.d)
Note