トップページコレクション江戸時代>染付楼閣山水図徳利(そめつけろうかくさんすいずとっくり)

コレクション

染付楼閣山水図徳利(そめつけろうかくさんすいずとっくり)  |  
Sake bottle, palace and landscape design, blue underglaze.

切込焼は、現在の宮城県加美郡加美町切込地区にて焼かれていた、染付・三彩など、伊達藩の御用品を生産した窯です。江戸後期に開窯されたと考えられていますが、開・閉窯時期ともに諸説あり詳細は不明です。
この徳利は、切込焼に特徴的な濃淡を使い分けた染付で楼閣山水図が描かれています。
産地・作家 切込
時代・年代 江戸時代後期(19世紀)
総高・高さ(cm) 31
口径(cm) 6
胴径(cm) 11
その他(cm) 9.2(底径)
備考
Donated Kirigode ware.
Period Edo period, 19th century
Height(cm) 31
Mouth Diameter(cm) 6
Diameter(cm) 11
Other(cm) 9.2(bottom.d)
Note