イベント情報|愛知県陶磁美術館 公式サイト

トップページイベント情報

イベント一覧

【募集中】愛知県陶磁美術館 平成30年度 復元古窯焼成「織部を焼こう」

開催日平成30年9月29日(土)~11月12日(月)
当館敷地内の「復元古窯(薪窯)」を使って、「織部」を制作します。

今までに積み上げてきたデータと技術、講師と学芸員の知識と経験を活かすことで、様々な角度から「織部」を検証しながら、当館でなければ制作できない「織部」を目指します。ぜひ御参加ください。


織部を焼こう

詳細

【募集中】開館40周年記念企画展「THE YUNOMI 湯飲み茶碗-ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅」関連事業
「私だけの、湯のみと茶托をつくる」

開催日平成30年8月25日(土)・9月2日(日)(2日間)
瀬戸・赤津の名窯 作助窯での「織部」の湯のみと、漆芸の技法「蒔絵」による茶托の制作体験。
開館40周年記念企画展「THE YUNOMI 湯飲み茶碗-ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅」の関連事業として開催します。
漆芸の「蒔絵」の技法で茶托を制作します。「蒔絵」とは漆で絵を描き、金属粉を蒔く技法です。
湯飲みは瀬戸の名窯・作助窯にて織部の絵付体験を行います。素地・絵具・釉薬は作助窯の材料を使用し、作助窯にて焼成をします。
併せて、作助窯の見学も行います。
陶磁器と漆器の絵付けを体験し、素材や仕事の違いを体験するワークショップ。是非ご応募ください!

湯のみと茶托

詳細

【募集中】やきものの技法から常滑を知る「ろくろ挽きの急須 鯉江 廣」

開催日平成30年9月16日(日)
平成30年度は【やきものの技法】に焦点を当て、瀬戸・常滑・猿投の特殊な技法を紹介していきます。(全5回を予定)
第3回は、常滑市指定無形文化財「ロクロによる手造り朱泥急須技法」保持者の鯉江廣さんのワークショップです。ぜひ御参加ください。


やきものの技法

詳細

開館40周年記念特別企画展「知られざる古代の名陶 猿投窯」関連イベント

展覧会の関連イベントについては、各展覧会の詳細ページをご覧ください。

詳細

開館40周年記念企画展「THE YUNOMI 湯のみ茶碗 ―ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅」関連イベント

展覧会の関連イベントについては、各展覧会の詳細ページをご覧ください。

詳細

【募集終了】平成30年度 復元古窯焼成 特別講座「瀬戸の絵皿に触れる」

開催日平成30年8月4日(土)~連続5回(6日間)
復元古窯焼成に合わせて開催する特別講座。
昨年の「織部の向付」に続き、今年度は「瀬戸の絵皿」をテーマとしました。
会期を同じくして開催される特別企画展「瀬戸‐かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製」に合わせる形で開催いたします。
知る・見る・作る・そして、使うを実践する密度の高い連続講座です。是非ご応募ください!


瀬戸の絵皿

詳細

【募集終了】平成30年度  加藤清之 特別造形講座「花器」 制作・いけばな・鑑賞

開催日平成30年8月7日(火)~連続4回(4日間)
瀬戸の陶芸家・加藤清之氏を講師に迎え、参加者が制作した花器に「いけばな」を行い、清之氏独自のやきものへの想い、造形感覚や技術を次の世代に伝えます。
清之氏、当館学芸員とともに、講座のあらゆる場面で意見交換を行い、参加者が今後の作陶活動への手がかりを掴めるような時間を設けます。 また、清之氏の作品、特別企画展「知られざる名陶 猿投窯」を清之氏、当館学芸員と「鑑賞」することにより、やきものへの理解を深める機会も設けます。


特別造形講座

詳細