トップページイベント情報>瀬戸の絵皿にふれる

イベント情報

平成30年度 復元古窯焼成 特別講座「瀬戸の絵皿にふれる」 -知る・見る・作る・そして、使う-

◎瀬戸の絵皿にふれるって、どんなイベント?

復元古窯焼成 特別講座「瀬戸の絵皿にふれる」を開催いたします。
当館で復元された連房式登窯(古窯)を使用していた時代、瀬戸では石皿、馬の目皿、行燈皿など、絵が描かれたやきものが作られました。
絵具は呉須、鬼板を使用し、その筆跡は自由闊達で、瀬戸の白い土の素材感と相まって、とても魅力的なやきものを生み出しました。
絵付の内容からは、当時の風俗や時代を反映し、その時代の瀬戸を感じとることができます。
当講座は会期を同じくして開催される特別企画展「瀬戸‐かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製」に合わせる形で開催いたします。
テーマを「瀬戸の絵皿」に絞り込み、知る、見る、作る、そして使うことを5回に分けて実践してまいります。
20名という少人数制で行うことで、密度の濃い内容の講座を講師、参加者と共に作り上げていきます。
勉強会や、特別鑑賞を通し、「瀬戸の絵皿」への知識を高め、器形の制作は「型」から制作を行ない、「型おこし」にて行ないます。 素焼後、絵付・施釉を行い、復元古窯にて焼成いたします。完成した「器」は、本館展示説明室にて報告展示を行い、最後には当館内のレストラン「とうじ」にて実際に使用して、食事会を行います。
講師には、瀬戸の陶芸家・加藤清之氏、前愛知県陶磁美術館副館長・仲野泰裕氏を迎え、作り手・研究者というそれぞれの視点から見た「瀬戸の絵皿」について深くお話を聞く機会も設けます。
【瀬戸の絵皿】に焦点を当て、知る・見る・作る・そして使うことを実践する連続講座です。(全5回・6日間)

◆知る・見る◆
①・②回は講師に、瀬戸の陶芸家・加藤清之氏、前愛知県陶磁美術館副館長・仲野泰裕氏をそれぞれ迎えます。
仲野氏とは、陶片や、当館所蔵の資料などを直接手に取りながら特別鑑賞を行います。また、文様に焦点を当て、成り立ちや変遷をお話していただきます。
清之氏とは、過去の作例を紹介しながら、筆と墨を用いておもいっきり絵を「描く」ことを実践し、筆で描くことの愉しさ、面白さを体感します。
瀬戸の絵皿について作り手・研究者というそれぞれの視点からお話をしていただく予定です。
◆作る◆
今回の絵皿の制作は、土型から制作を行い、型を使用した「型おこし」で行います。
成形した器(皿)は素焼き後、鬼板・呉須を使用して絵付けを行います。
その後、透明釉を施釉し、復元古窯にて焼成を行います。
※全ての工程において、当館陶芸館の指導員がサポートいたします。 焼き上った作品は、本館展示説明室にて報告展示を行います。
◆使う◆
当館内のレストラン「とうじ」にて、講座で作り上げた器(皿)を使用して食事会を行います。
講師の加藤清之氏とともに、やきものの「会話」を楽しみながら、楽しいひとときを過ごします。

★少人数の連続講座ですので、講師やスタッフ参加者同士、交流を深めながら講座を一緒に作り上げていきます。
★復元古窯焼成「織部を焼こう」と連動し、作品の焼成は薪窯(連房式登窯)にて行います。

※要事前申込


今年度の復元古窯焼成 特別講座は…
「 瀬戸の絵皿にふれる -知る・見る・作る・そして、使う-  」
①「瀬戸の絵皿にふれる・特別鑑賞」
開催日 :平成30年8月4日(土)
時 間 :13:30~15:30
会 場 :愛知県陶磁美術館 本館・会議室
受講料 :一般400円・高大生300円(常設展観覧料)
②「瀬戸の絵皿にふれる・勉強会」
開催日 :平成30年8月26日(日)
時 間 :13:30~15:30
会 場 :愛知県陶磁美術館 陶芸館
受講料 :一般240円・中学生以下120円(実習室利用料)
③「型の制作」
開催日 :平成30年9月8日(土)
時 間 :13:30~15:30
会 場 :愛知県陶磁美術館 陶芸館
受講料 :一般1,680円・中学生以下1,440円(実習室利用料4h・焼成料・粘土代)
④「絵皿の制作」型おこし、絵付、施釉
開催日 :平成30年10月13日(土)・27日(土)2日間
時 間 :13:30~15:30
会 場 :愛知県陶磁美術館 陶芸館
受講料 :一般1,640円・中学生以下1,400円(復元古窯焼成への参加費)
⑤「瀬戸の絵皿を使う」 食事会
開催日:平成30年12月8日(土)
時 間 :11:30~13:30頃
会 場 :愛知県陶磁美術館 本館・レストラン「とうじ」
食事代 :未定(2,000円程度を予定しています。)
・すべての回を通して参加できる方のみ応募可。

復元古窯焼成に合わせて開催する特別講座。
昨年の「織部の向付」に続き、今年度は「瀬戸の絵皿」をテーマとしました。
会期を同じくして開催される特別企画展「瀬戸‐かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製」に合わせる形で開催いたします。
知る・見る・作る・そして、使うを実践する密度の高い連続講座です。是非ご応募ください!


チラシはこちらから[PDF版]

  • ①「瀬戸の絵皿にふれる・特別鑑賞」開催日: 2018年8月4日 (土)
  • 参加費(常設展観覧料): 大人1名につき一般 400円、高大生300円
          (付き添いの方で入室される場合も参加費が必要です。)

    ※いずれも当日お支払い。お釣りの無いようにご用意ください。
    ※②回目以降は、回によって参加費、会場、集合時間が異なります。事前にお確かめください。

  • 時間: 午後1時30分から午後3時30分 (午後1時受付開始)
  • 会場: 愛知県陶磁美術館 本館・会議室 
  • 定員: 20名 (応募者多数の場合は抽選)
     
  • ※今回の講座は全ての回に参加できる方のみ、お申し込みが可能です。
     

「瀬戸の絵皿にふれる -知る・見る・作る・そして、使う-」の申込方法


・参加ご希望全員のお名前、年齢 (付き添いの方はその旨を記入)
・住所、電話番号、返信先ご住所 (メールお申込の方はメールアドレス)
・当日のご連絡先 (携帯電話など)

以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までご応募ください。



  • [往復はがき] 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
              愛知県陶磁美術館 「瀬戸の絵皿」 係

                
  • [メール] touji@pref.aichi.lg.jp  
           (件名を「瀬戸の絵皿」としてください。)


    • ◆8月4日(土)からの「 瀬戸の絵皿にふれる -知る・見る・作る・そして、使う- 」の 募集は終了いたしました。
      応募者多数の場合は抽選となります。
      メール申込にて、7月30日までに当館から「返信メール」が無い場合、お電話にてお問い合わせください。

    •  ※ メール送受信エラーが発生する場合がございます。
         メールでお申し込みの方は、募集締め切り後に送信する当館からの「返信メール」のご確認をお願い申し上げます。



    愛知県陶磁美術館所蔵の「瀬戸の絵皿」

    鉄絵馬の目皿
    (愛知県陶磁美術館蔵)

    鉄絵海浜図油皿
    (愛知県陶磁美術館蔵)

    灰釉柳文石皿 (愛知県陶磁美術館蔵)

    鉄絵役者絵皿 (愛知県陶磁美術館蔵)
    【瀬戸の絵皿にふれる -知る・見る・作る・そして、使う-】
    今後の予定はこちら!

    2018年
    8月4日(土)…瀬戸の絵皿にふれる・特別鑑賞
    8月26日(日)…瀬戸の絵皿にふれる・勉強会
    9月8日(土)…型の制作
    10月13日・27日(土)…絵皿の制作
    12月8日(土)…瀬戸の絵皿を使う・食事会