トップページ展覧会特別企画展・企画展・テーマ展示>開館35周年 企画展「2013 アジア現代陶芸-新世代の交感展」

特別企画展・企画展・テーマ展示

2013 アジア現代陶芸-新世代の交感展

あいちトリエンナーレ2013 並行企画事業
開館35周年記念 企画展

2013 アジア現代陶芸

-新世代の交感展


2013年8月3日(土)-9月29日(日)

毎週月曜日休館(ただし、休日の場合は開館し、その直後の平日を休館)


当日割引券付のチラシをダウンロードできます。PDFをA4で印刷し、当日券をお買い求めの際、 裏面下の当日割引券部分をチケット受付にてご提示いただくと、当日割引券として使用できます。
※PDFファイルを閲覧するには、予めAdobe Readerがインストールされている必要があります。 正常に表示されない場合は、こちらより新しいバージョンをダウンロードしてください。

ダウンロードボタン


展覧会の概要

この展覧会は、日本、韓国、中国、台湾のアジアの四つの国と地域の陶芸を専攻する大学院生等と教員、約300名によるアジアの現代陶芸の現状を紹介する大規模な交流展です。
 出品作品は、感性豊かな各国の若い制作者が長い陶磁の歴史性に向き合うとともに、多様な現代という時代を反映させた陶芸作品が中心です。
 本展では、陶芸専攻の大学院生等による、現代美術の一表現としての陶芸作品を通じて、アジアの現代陶芸における未来の方向性を多角的に展望するとともに、四つの国と地域における陶芸家間のネットワークを構築し、アジアが有する陶芸文化を世界へと発信するための土台作りの場とします。


展覧会の見どころ


  • 長い陶磁制作の歴史を有し、それぞれに大きな影響を与え合ってきた日本、韓国、中国、台湾の四つの国と地域の現代陶芸表現の現在がわかります。

  • グローバル化が進んだ高度情報化社会にあって、人類の生活の礎となる生活文化や民族の歴史を作り上げてきたやきものだからこそ感じられる、各国固有の土着性が再発見できます。

  • あいちトリエンナーレ2013 国際美術展に加えて、現代の芸術という広い視野の中で制作された陶芸作品をご覧いただくことで、現代の芸術表現の豊かな感性と幅広さを体感できます。
    (本展は、あいちトリエンナーレ2013の並行企画事業です。「あいちトリエンナーレ 2013」国際美術展チケット入場券を持参の方は、本展の観覧料が2割引になります。[含前売券。ただし、岡崎地区のみのチケットは除きます])

  • 出品作家の作品を他国の教員が批評する公開講評会を行うことで、より広い国際的な視野を獲得できます。講評会を通じて、作家のそれぞれの意識や立場の中に、アジアの現代陶芸における未来の方向性を考えるヒントが詰まっています。

 

関連イベント

公開講評会

「出品作家と教員による公開講評会」
日時:8月3日(土)午後1時-5時
会場:愛知県陶磁美術館 本館地下講堂
事前予約不要・参加無料

担当学芸員による展示解説

8月24日(土)、8月31日(土)、9月7日(土)、9月21日(土)、9月28日(土)
いずれも午後1時30分-(約1時間)
会場:本館第1展示室前にお集まりください。
申込不要・ただし本展観覧券が必要です。


展覧会図録

本館1階ミュージアムショップにて、本展覧会図録を販売します。
価格:1500円
出品作品の紹介や専門家による解説を収録しています。


参加大学

日本
愛知教育大学
愛知県立芸術大学
大阪芸術大学
沖縄県立芸術大学
金沢美術工芸大学
京都市立芸術大学
京都精華大学
京都造形芸術大学
女子美術大学
多摩美術大学
東北芸術工科大学

韓国
慶熙大学校
國民大学校
南ソウル大学校
檀國大学校
同徳女子大学校
東亞大学校
祥明大学校
ソウル科学技術大学校
ソウル大学校
ソウル女子大学校
淑明女子大学校
圓光大学校
梨花女子大学校
忠南大学校
韓国伝統文化大学校
弘益大学校

中国
広州美術学院
遼寧美術職業学院
南京師範大学美術学院
山西大学美術学院
沈陽理工大学芸術設計学院
香港浸会大学
香港理工大学設計学院
香港芸術学院
中国美術学院
景徳鎮陶瓷学院
麗水学院
南京芸術学院

台湾
亞太創意設計技術學院
長榮大學
台南應用科技大學美術系研究所
華梵大學
国立東華大學
国立台北教育大學
国立台湾芸術大学
国立台南芸術大学
国立台北芸術大學

展示作品(約300点)

田嶋悦子
田嶋悦子《 Flowers》
(日本:大阪芸術大学)
久世健二
久世健二《 自業自得》
(日本:金沢美術工芸大学)
牟仁淳
牟仁淳《 Ladies in Middle School》
(韓国:南ソウル大学校)
元慶煥
元慶煥《 Untitled》
(韓国:弘益大学校)
魏
魏※(化に十)《 公仔※(石へんに考)─和合》
(中国:広州美術学院)
金生花
金生花《 Um&ah》
(中国:広州美術学院)
張清淵
張清淵《柴燒線紋器》
(台湾:国立台南芸術大学)
梁家豪
梁家豪《過渡空間系列》
(台湾:国立台湾芸術大学)
会期 2013年8月3日(土)-9月29日(日)
毎週月曜日は休館(ただし、休日の場合は開館し、その直後の平日を休館)
開館時間 午前9時30分‐午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 愛知県陶磁美術館 本館 第1・2・特別展示室
観覧料 一般 600円(480円)
高校・大学生 500円(400円)
中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催 愛知県陶磁美術館
共催 韓国:弘益大学校陶芸研究センター、ソウル女子大学校美術大学造形研究所、 ソウル科学技術大学校
中国:広州美術学院
台湾:国立台湾芸術大学
後援 愛知県教育委員会・愛知高速交通株式会社(リニモ)
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL:0561-84-7474 FAX:0561-84-4932
担当:大長智広・森達也
報道機関の皆様へ 展覧会・イベントなどの情報詳細、画像貸出は担当までお問い合わせください。
プレス・リリース資料はこちらからダウンロードしてください。(2013年6月20日(木)発表)
各種割引制度など

○上記観覧料でテーマ展示・常設展示も併せてご観覧いただけます。
※「あいちトリエンナーレ2013」国際美術展チケット入場券を持参の方は、本展の観覧料が2割引になります。(含前売券。ただし、岡崎地区のみのチケットは除きます。)
※リニモ「藤が丘」「愛・地球博記念公園」「陶磁資料館南」「八草」各駅に設置の割引チラシ(リニモ利用者に限る。)/リニモ「一日乗車券」/名古屋市交通局「一日乗車券」及び「ドニチエコきっぷ」/モリコロパーク駐車場再入場券/名都美術館有料観覧券の半券(2ヶ月以内)を持参の方は観覧料が2割引となります。
※チラシ等の割引引換券又はJAF会員証の持参の方は観覧料が100円引となります。
※身体等に障がいのある方及び付添者は手帳を受付にて提示されますと割引制度が受けられます。
※各割引制度の併用はできません。