トップページ展覧会特別企画展・企画展・テーマ展示>川喜田半泥子物語 ―その芸術的生涯―

特別企画展・企画展・テーマ展示

川喜田半泥子物語 ―その芸術的生涯―

特別企画展

川喜田半泥子物語

―その芸術的生涯―

The Story of Kawakita Handeishi:His Life and Art

2014年11月1日(土)~12月26日(金)

毎週月曜日休館(ただし11/3(月・祝)、11/24(月・振休)は開館、
11/4(火)、11/25(火)は休館)


■同時開催のテーマ展示
黒と白のやきものを楽しむ
2014年11月15日(土)~12月14日(日)

 

当日割引券付のチラシをダウンロードできます。PDFをA4で印刷し、当日券をお買い求めの際、 表面下の当日割引券部分をチケット受付にてご提示いただくと、当日割引券として使用できます。
※PDFファイルを閲覧するには、予めAdobe Readerがインストールされている必要があります。 正常に表示されない場合は、こちらより新しいバージョンをダウンロードしてください。

ダウンロードボタン

展覧会の概要

川喜田半泥子(かわきた・はんでいし)(1878─1963)は、江戸時代から続く津の旧家に生まれ、百五銀行の頭取を務めるなど実業家として活躍するかたわら、陶芸や書画、俳句、写真などに豊かな才能を発揮しました。

 なかでも陶芸は50歳をすぎた頃から本格的に取り組みはじめ、茶碗は素人でありながら多くの人々を魅了しました。陶芸に打ち込む情熱と、豊かな教養やユーモアあふれる人柄、さらには次世代を担う陶芸家たちへの支援や、近代茶陶への指導的助言など、数多くのエピソードが伝えられています。

 今回の展覧会では、半泥子成長期の環境や、青年期に影響をうけた人物、美術品、あるいは若い頃夢中になった写真や、その後の書画、俳句なども併せて紹介します。没後50年を過ぎてなお人々を惹き付けてやまない、半泥子の芸術的生涯とその魅力、背景に迫ります。

展覧会関連イベント

記念講演会「川喜田半泥子物語─その芸術的生涯─」

日時:11月30日(日) 午後1時30分~3時
会場:本館地下講堂
※申込不要、聴講無料
講師:榎本 徹氏(岐阜県現代陶芸美術館 館長)

当館学芸員による展示解説

毎週日曜日(ただし11月30日は除く)
各回午後1時30分~(1時間程度)
 ※申込不要、参加無料、但し本展観覧券が必要です。
 ※開始時刻に第1展示室前へお集まりください。

特別鑑賞会「半泥子の茶碗」 ※要事前申込

日時:12月7日(日)、14日(日) 午前10時~12時
会場:県民茶室「陶翠庵」
参加料:550円(呈茶付)
定員:各日20名(応募多数の場合は抽選となります)

お申込方法:
「往復はがき」または「メール」:名前、住所、電話番号、年齢、返信先住所(メール申込の場合はメールアドレス)、当日の連絡先(携帯電話など)、をご記入の上、下記の宛先まで。

[往復はがき] 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
愛知県陶磁美術館「特別鑑賞会 半泥子の茶碗」係
(2014年4月1日の郵便料金改定後の104円往復はがきをご使用ください)

[メール]touji@pref.aichi.lg.jp(件名を「特別鑑賞会 半泥子の茶碗 申込」としてください)

お申込締切日:
12月7日(日)の会は、11月27日(木)必着。
12月14日(日)の会は、12月4日(木)必着。

「川喜田家・ホームムービー」の上映

展覧会会期中、本館1階・第2展示室出口のビデオコーナーにて、川喜田家のプライベートフィルム短編4本を上映しています。
 1.「泥仏堂」 2.「ロクロハマワル」 3.「ちとせ山の1日2」 4.「じゃばさらさ」(全38分49秒)

茶室「陶翠庵」特別企画

展覧会会期中、半泥子の精神を受け継いだ「廣永窯」の作家による茶碗がご利用いただけます。また、半泥子の書画が広間に展示されています。

茶碗リスト

・特別企画の茶碗リストはこちら[PDFファイル]
・展覧会会期中の御道具(書画など)は陶翠庵のページでご確認ください。

※月替わりの茶碗も通常通りご利用いただけます。
(茶室は午後4時オーダーストップです)

特別展示「半泥子と自動車」

本館1階第2展示室にて、展覧会の会期中、半泥子が百五銀行頭取時代に愛用したといわれるパッカードと同種の車両を展示いたします。
協力:トヨタ博物館

展覧会関連書籍のご案内

展覧会図録

価格:2500円(税込)
出陳作品の図版・解説の他、専門家による論文やコラムを収録しています。本館1階ミュージアムショップにて、展覧会開催初日より販売します。


図録表紙


※こちらの図録は販売部数に限りがございます。会期中に売り切れとなった場合はご了承ください。なお、図録の取り置きはできません。ミュージアムショップ店頭もしくは、郵送のみでのご購入をお願いします。
お問い合わせは、0561-84-7474 愛知県陶磁美術館 ミュージアムショップまで。

 

展覧会グッズのご案内

展覧会オリジナルグッズ / 半泥子廣永窯の作品


オリジナルハガキ

本館1階ミュージアムショップにて、展覧開会期中、オリジナルグッズと半泥子廣永窯の作品を販売します。
・オリジナルポストカード(16種)、手ぬぐい、便箋など
・半泥子廣永窯については、こちらをご覧ください。

 

東洋軒ブラックカレー(お土産用レトルト)

ブラックカレー

本館1階レストラン「とうじ」にて、半泥子ゆかりのレストラン「東洋軒」の名物ブラックカレー(お土産用レトルト)を販売します。

 

展示作品

粉引茶碗 銘「雪の曙」
粉引茶碗 銘「雪の曙」
川喜田半泥子
石水博物館蔵
伊賀水指 銘「慾袋」
伊賀水指 銘「慾袋」
川喜田半泥子
1940年
石水博物館蔵
高麗手茶碗 銘「雅茶子」 川喜田半泥子 石水博物館蔵
高麗手茶碗 銘「雅茶子」
川喜田半泥子
石水博物館蔵
刷毛目茶碗 銘「これはこれは」 川喜田半泥子 個人蔵
刷毛目茶碗 銘「これはこれは」
川喜田半泥子
個人蔵
水指 銘「からひね」 荒川豊蔵 清荒神清澄寺蔵
水指 銘「からひね」
荒川豊蔵
清荒神清澄寺蔵
 「自画像」 川喜田半泥子 個人蔵
「自画像」
川喜田半泥子
個人蔵
会期 2014年11月1日(土)~12月26日(金)
会場 愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2展示室
開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
※11月1日(土)は開会式のため、観覧は11時より
休館日 毎週月曜日(ただし11/3(月・祝)、11/24(月・振休)は開館、11/4(火)、11/25(火)は休館)
観覧料 一般900円(720円)・高大生700円(560円)
中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せてご観覧いただけます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください。
割引制度

《割引制度》
リニモ「藤が丘」「愛・地球博記念公園」「陶磁資料館南」「八草」各駅に設置の割引チラシ(リニモ利用者に限る。)/リニモ「一日乗車券」/名古屋市交通局「一日乗車券」及び「ド二チエコきっぷ」/モリコロパーク駐車場再入場券/名都美術館有料観覧券の半券(2か月以内)を持参の方は、観覧料が2割引となる。
※チラシ等の割引引換券又はJAF会員証を持参の方は、観覧料が100円引となる。
※身体等に障がいのある方及び付添者は手帳を受付にて呈示すると、観覧料の割引制度が適用される。(割引要件があります、詳しくはこちらをご覧ください。)
※各割引制度の併用は不可。

主催 愛知県陶磁美術館・朝日新聞社
協賛 野崎印刷紙業・あいおいニッセイ同和損害保険
特別協力 石水博物館
後援 愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館  〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:神崎かず子、小川裕紀
報道機関の皆様へ 2014年10月16日(木) 県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
 >>>プレス・リリース資料(2014年10月16日付)のダウンロードはこちら