トップページ展覧会特別企画展・企画展・テーマ展示>プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス

特別企画展・企画展・テーマ展示

耀きの静と動 ボヘミアン・グラス

特別企画展

プラハ国立美術工芸博物館所蔵

耀きの静と動 ボヘミアン・グラス

The Radiance of Stillness and Motion :
Bohemian Glass from the Collection of the Museum of Decorative Arts in Prague

2015年4月11日(土)~5月24日(日)

毎週月曜日休館(ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)

 

当日割引券付のチラシをダウンロードできます。PDFをA4で印刷し、当日券をお買い求めの際、 裏面下の当日割引券部分をチケット受付にてご提示いただくと、当日割引券として使用できます。
※PDFファイルを閲覧するには、予めAdobe Readerがインストールされている必要があります。 正常に表示されない場合は、こちらより新しいバージョンをダウンロードしてください。

ダウンロードボタン

展覧会の概要

 宝石のごとく燦然と煌めくカットと緻密なエングレーヴィング技法で名高いガラス―それがボヘミアン・グラスです。ボヘミア地方(現在のチェコ共和国周辺)で13世紀頃から始まったガラス工芸は、17世紀になると極めて透明度の高いカリ・クリスタルの開発と宝石彫刻技術の応用によるカット技法をもって一気に洗練度を増し、最高級クリスタル・ガラスの名声を確固たるものにしてゆきました。また、チェコ共和国となった今日もなおその伝統と革新性は国際的に高く評価されています。
 本展覧会は1885年設立以来130年の歴史を誇るプラハ国立美術工芸博物館の所蔵する世界的に著名な2万点以上のコレクションから、日本国内初公開となる歴史的な名品「コロウラット家紋章文付蓋付ゴブレット(1720年頃)」や、近現代のチェコ・ガラスを代表する巨匠S・リベンスキー(1921-2002)の代表作など精選された200点を展示いたします。およそ800年にわたって世界を魅了してきたボヘミアン・グラスの耀きの全貌を初めて日本でご紹介する、大変貴重な展覧会となります。


展覧会のみどころ


◆ハプスブルグ家はじめヨーロッパの王侯貴族を魅了した華麗な装飾技法
16世紀から17世紀にかけてハプスブルグ家の庇護の下、プラハは「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」の帝都としてヨーロッパ随一の文化都市に発展しました。そうした中で、続く18世紀、無色透明のガラスに複雑なカットと精緻な彫り文様を施す加工技術で、ボヘミアン・グラスは最高級ガラス工芸品としての名声を確立します。
本展覧会では、チェコ共和国の宝ともいえるボヘミアン・グラス黄金期の貴重な作品群が揃います。



◆ボヘミアン・グラスの今日までの歴史をすべて見ることができる日本初の展覧会
本展覧会では15世紀頃の作品から、黄金期の華麗な作品、また色鮮やかな近代の作品、そして、今日世界で高く評価されている現代チェコのガラス工芸を代表する個性的な作家たちの代表作品まですべて見ることができる、画期的な展覧会です。



展覧会関連イベント

「ミラー・マン」開会式パフォーマンス披露

チェコ出身のガラス作家、スタニスラフ・ミュレル氏(1971- )が、開会式にあわせて、式典前にパフォーマンスを行います。オリジナルの音楽にあわせ、机と椅子を使ったパフォーマンス「The Cutting Mirrors」で観客を魅了します。

日時:4月11日(土)午前10時~
会場:愛知県陶磁美術館 本館ロビー

【当日のミラー・マンのスケジュール】
午前10時~ パフォーマンス「The Cutting Mirrors」 ※15 分程度を予定
午前10時半~ 開会式に出席
午前11時 開会式終了後、出席者らとともに展示室へ



記念講演会「ボヘミアン・グラスの歴史とプラハ国立美術工芸博物館」

講師: ミラン・フラヴェシュ氏 (Milan Hlaves, Ph.D.)
(プラハ国立美術工芸博物館 ガラス・陶磁器コレクション統括)

日時:4月11日(土)午後1時30分~午後3時
会場:愛知県陶磁美術館 本館地下講堂
*申込不要 *聴講無料 *通訳あり



担当学芸員による展示解説(5回)

日時:4月19日(日)/5月3日(日)/5月4日(月・祝)/5月10日(日)/5月17日(日)
*いずれも午後1時30分から(1時間程度)
*申込不要 *参加無料 *ただし観覧券が必要



展覧会図録のご案内

本館1階ミュージアムショップにて、展覧会開催初日より販売します。

価格:2400円(税込)


図録表紙

出陳作品の図版・解説の他、専門家による論文を収録しています。

展示作品

*すべて、プラハ国立美術工芸博物館所蔵
*Photo(c)Gabriel Urbanek
ドイツ国民の神聖ローマ帝国鷲紋章文ビーカー
ドイツ国民の神聖ローマ帝国鷲紋章文ビーカー
1650年
中央ヨーロッパ
コロウラット家紋章文蓋付ゴブレット
コロウラット家紋章文蓋付ゴブレット
1720年頃
ボヘミア
聖人像文二層ビーカー
聖人像文二層ビーカー
1740年頃
ボヘミア
最後の晩餐文蓋付ゴブレット
最後の晩餐文蓋付ゴブレット
1840年頃
北ボヘミア
酒器セット
酒器セット
1900年以降
マイヤーズ・ネッフェ・ガラス工場、シュマヴァ・アドルフォス(製作)
ヘッドⅠ
ヘッドⅠ
1958‐59年
スタニスラフ・リベンスキー、ヤロスラヴァ・ブリフトヴァー(デザイン)、ジェレズノブロツケ・ガラス工場、ジェレズニー・ブロド(製作)
ルビー・タワーズ
ルビー・タワーズ
1981年
マリアン・カレル
会期 2015年4月11日(土)~5月24日(日)
会場 愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2・特別展示室
開館時間 午前9時30分~午後4時30分 (入館は閉館の30分前まで)※4月11日(土)は開会式のため、観覧は11時より
休館日 毎週月曜日(ただし、5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
観覧料 一般900円(720円)・高大生700円(560円)
中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せてご観覧いただけます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください
割引制度

《割引制度》
リニモ「藤が丘」「愛・地球博記念公園」「陶磁資料館南」「八草」各駅に設置の割引チラシ(リニモ利用者に限る。)/リニモ「一日乗車券」/名古屋市交通局「一日乗車券」及び「ド二チエコきっぷ」/モリコロパーク駐車場再入場券/名都美術館有料観覧券の半券(2か月以内)を持参の方は、観覧料が2割引となる。
※チラシ等の割引引換券又はJAF会員証を持参の方は、観覧料が100円引となる。
※身体等に障がいのある方及び付添者は手帳を受付にて呈示すると、観覧料の割引制度が適用される。(割引要件があります、詳しくはこちらをご覧ください。)
※各割引制度の併用は不可。

主催 愛知県陶磁美術館/中日新聞社
後援 チェコ共和国大使館/CHECH CENTRE TOKYO /愛知県教育委員会/ 愛知高速交通株式会社(リニモ)
協賛 ルフトハンザ/ルフトハンザ・カーゴ
特別協力 プラハ国立美術工芸博物館
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館 学芸課 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:長久智子・佐藤一信
報道機関の皆様へ 2015年3月19日(木)県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
プレス・リリース資料(2015年3月19日付)のダウンロードはこちら