トップページ展覧会特別企画展・企画展・テーマ展示>京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍

特別企画展・企画展・テーマ展示

京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍

テーマ展示

京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍

―寄贈・堀田毅コレクションを中心に―

Study of Glaze at Kyoto City Ceramic Research Institute and the Art of Shinobu Komori

2018年1月20日(土)~3月21日(水・祝)

毎週月曜日休館(ただし、2月12日(月)は開館、13日(火)は休館)


*1月20日(土)は開会式のため、観覧は午前11時からとなります

展覧会の概要

 京都市陶磁器試験場(1896-1919)は京都の陶磁業界の発展に寄与するため、釉薬をはじめとする技術的・デザイン的改良に取り組みました。
 同試験場の釉薬研究の中心的存在が、同試験場の技師で後に陶芸家として活躍した、小森忍(こもり しのぶ1889-1962)でした。小森が在籍した期間(1911-1917)には、古今東西の様々な釉薬研究がなされ、その成果は京都に限らず全国へと広がり、また輸出向け制作のみならず、美術的な制作にも広く影響を及ぼしました。小森在籍期間の主な成果発表としては、大正の御大典記念(1915年)に献上した青磁花瓶と盃があります。
 また、試験場には小森の後輩として河井寛次郎、濱田庄司なども集結しており、後に陶芸界を牽引する人々が若き日に基礎研究を行った重要な場でありました。
 やがて、小森は試験場を離れ、中国にて独自に中国陶磁の研究に没頭し、さらには独自の陶磁器研究所を愛知県瀬戸や北海道の江別などに開設し活動を続けました。

 本展では、国立研究開発法人産業技術研究所中部センターから寄託を受けている京都市陶磁器試験場時代の釉薬研究の試作品や、堀田毅氏より寄贈を受けた小森忍の貴重な作品を通じて近代の陶磁器制作の画期を紹介いたします。


展覧会のみどころ


◆孔雀釉鳳耳古銅壷(小森忍・作)をはじめとする堀田毅氏寄贈の作品23点を初公開します。
 小森のきわだった釉薬技術が発揮された作品を御堪能いただけます。

◆小森の釉薬調合を解き明かす資料類も併せて初公開いたします。
 知られざる小森の釉薬の一端を記したノートなどを展示します。

◆小森の制作活動や、釉薬研究について紹介する特別講演会を2回行います。


展覧会関連イベント

記念講演会Ⅰ「陶芸家 小森忍の生涯(仮)」

日時:1月28日(日) 午後1時30分から午後3時まで
講師:服部文孝氏(瀬戸市美術館長)
会場:本館地下講堂
*事前予約不要 聴講無料

記念講演会Ⅱ「京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍の釉薬(仮)」

日時:2月18日(日) 午後1時30分から午後3時まで
講師:横山直範氏(元・京都市産業技術研究所研究部長)
会場:本館地下講堂
*事前予約不要 聴講無料

担当学芸員による展示解説

日程:1月20日(土)、2月3日(土)、2月24日(土)、3月10日(土)、3月21日(水・祝)
*各日午後1時30分から(1時間程度)
*事前予約不要 参加無料(ただし本展観覧券が必要です)
*第7展示室にお集まりください。


御一緒に! ~多治見市モザイクタイルミュージアムの展示


本展連携開催として、多治見市モザイクタイルミュージアムにて、特別展「陶磁器試験所と近代の建築装飾~笠原モザイクタイルの先駆、山内逸三の学び舎~」が開催されます。併せて御覧ください。


多治見市モザイクタイルミュージアムの展示
◆特別展「陶磁器試験所と近代の建築装飾~笠原モザイクタイルの先駆、山内逸三の学び舎~」

会期:2017年12月9日(土)~2018年3月4日(日)
詳細は、多治見市モザイクタイルミュージアム(〒507-0901 多治見市笠原町2082-5 TEL:0572-43-5101/FAX:0572-43-5114/公式WEBサイト:http://mosaictile-museum.jp)までお尋ねください。

主な展示作品

孔雀釉鳳耳古銅壷
孔雀釉鳳耳古銅壷
小森忍 1928-1950年
愛知県陶磁美術館蔵
(堀田毅氏寄贈)

辰砂花文花入
辰砂花文花入
小森忍 1921-1927年
愛知県陶磁美術館蔵
(堀田毅氏寄贈)

青磁耳付花瓶
青磁耳付花瓶
京都市陶磁器試験場 1915年
個人蔵

青華釉裏紅梅花文仙餐瓶
青華釉裏紅梅花文仙餐瓶
小森忍 1941-1943年
愛知県陶磁美術館蔵
(堀田毅氏寄贈)
会期 2018年1月20日(土)- 3月21日(水・祝)
会場 愛知県陶磁美術館 地下1階第7展示室・2階特設コーナー
開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
※1月20日(土)は開会式のため、観覧は午前11時から
休館日 毎週月曜日(2月12日(月)は開館、13日(火)は休館)
観覧料 一般400円(320円) 高校・大学生300円(240円) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せて御観覧いただけます。
※身体等に障がいのある方及び付添者は手帳を受付にて呈示すると、観覧料が無料となります。(要件があります、詳しくはこちらを御覧ください。)
主催 愛知県陶磁美術館
後援 愛知県教育委員会・愛知高速交通株式会社(リニモ)
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館 学芸課 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:佐藤一信・佐久間真子
報道機関の皆様へ 2017年12月8日(木)県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
プレス・リリース資料(2017年12月8日付)のダウンロードはこちら
beyond2020
認証事業
本展はbeyond2020の認証事業です。beyond2020プログラムは日本文化の魅力を発信するとともに、2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラムです。
詳しくは下記バナーからのリンク先(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の公式WEBサイト)を御覧ください。
beyond2020