トップページ展覧会特別企画展・企画展・テーマ展示>THE YUNOMI 湯のみ茶碗

特別企画展・企画展・テーマ展示

瀬戸陶芸の黎明

開館40周年企画展

THE YUNOMI 湯のみ茶碗

-ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅

The Japanese Teacups-Trip of the Vertical in Japan with Good Old Teacups

2018年9月1日(土)~10月21日(日)

毎週月曜日休館(ただし9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月8日(月・祝)は開館し、 9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
*9月1日(土)は開会式のため、観覧は午前11時からとなります


 

当日割引券付のチラシをダウンロードできます。PDFをA4で印刷し、当日券をお買い求めの際、 裏面下の当日割引券部分をチケット受付にてご提示いただくと、当日割引券として使用できます。
※PDFファイルを閲覧するには、予めAdobe Readerがインストールされている必要があります。 正常に表示されない場合は、こちらより新しいバージョンをダウンロードしてください。

ダウンロードボタン

展覧会の概要

煎茶や番茶など、日常的にお茶を飲む習慣が一般に広まったのは江戸時代中期以降と考えられ、その頃から湯のみ茶碗が使われるようになりました。明治以降は各地の窯で陶磁器制作が盛んになり、地域性が豊かで意匠を凝らした様々な湯のみ茶碗が作られました。

 本展では愛知県陶磁美術館の開館40周年を記念して、坂口恭逸氏が明治末頃から昭和20(1945)年頃にかけて日本各地の湯のみ茶碗を収集した、坂口湯呑コレクションから約280点を紹介します。北海道から沖縄まで各地の多彩な技法や、各地の名工や作家の技が凝縮された数多くの作品が見どころです。

湯のみ茶碗は日本人に最も親しみある「やきもの」のひとつです。是非、御来館いただき、お気に入りを見つけ、お楽しみいただければ幸いです。


展覧会のみどころ


◆北海道から沖縄まで、地域性豊かな湯のみ茶碗約280点を紹介。名工・作家による作品も数多く含まれており、小さな器に凝縮された技がみどころです
 日本人がやきものに親しみ楽しんだ時代、明治末頃から昭和20(1945)年頃に収集された、ちょっと昔の湯のみ茶碗をお楽しみください。


展覧会関連イベント

記念講演会「湯のみ茶碗で日本縦断旅」

日時:平成30年9月24日(月・振休)  午後1時30分から午後3時まで
講師:大槻倫子氏(滋賀県立陶芸の森 専門学芸員)
会場:本館地下講堂
*聴講無料、事前申込不要。定員200名。

スペシャルギャラリートーク

日時:平成30年9月1日(土) 午前11時30分から正午まで
講師:大槻倫子氏(滋賀県立陶芸の森 専門学芸員)
会場:本館第1展示室他
*事前申込不要。定員50名。参加無料(ただし本展観覧券が必要)

ワークショップ「私だけの、湯のみと茶托(ちゃたく)をつくる」

※①②の両日に参加できる方のみ応募が可能です※
①茶托づくり

日時:平成30年8月25日(土) 午後1時30分から午後3時30分まで
講師:安藤源一郎氏(漆芸家)
会場:陶芸館
②湯のみづくり
日時:平成30年9月2日(日) 午後1時30分から午後3時30分まで
講師:加藤圭史氏(作助窯・陶芸家)
会場:作助窯(瀬戸市赤津町)
③講師のお二人との茶話会※希望者のみ
日時:平成30年9月29日(土) 午後1時30分から午後3時まで
会場:本館1階ラウンジ「愛知の茶屋」会場

定員:20名(要事前申込、応募者多数の場合は抽選)
参加料:2,720円(8月25日に一括でお支払いいただきます。お釣りの無いようご用意ください)
備考:ワークショップの作品のお渡しを茶話会にて行います。参加できない方は翌日から陶芸館にて引取りとなります。

 ●ワークショップ「私だけの、湯のみと茶托をつくる」のお申し込み方法●
 (1)氏名
 (2)年齢
 (3)返信先住所 (メールお申込みの方はメールアドレス)
 (4)電話番号

 以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までお申込みください。

 【往復はがき】 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
          愛知県陶磁美術館「湯のみと茶托」係
 【メール】touji@pref.aichi.lg.jp
 (件名を「湯のみと茶托申込」と記入してください。)

 ※お申込受付は終了しました。

 ※メールでお申し込み後、1週間以内に当館から「返信メール」が無い場合、
  お電話(0561-84-7474)にてお問い合わせください。
 ※メール送受信エラーが発生する場合がございます。
  メールお申し込みの方は、必ず当館からの「返信メール」の到着をご確認ください。

イベント「愛知の茶屋」

瀬戸や常滑の作家が作成した湯のみで愛知県産のお茶をお飲みいただけます。
日時:平成30年9月29日(土)、10月20日(土) 午前11時から午後4時まで
会場:本館1階ラウンジ
協力:日本茶インストラクター協会、愛知県茶業連合会
*参加無料、事前申込不要。

担当学芸員による展示解説(5回)

日程:平成30年9月9日(日)、23日(日)、30日(日)、10月13日(土)、20日(土)

*各日午後1時30分~(1時間程度)
*参加無料(ただし中学生以下無料、高校生以上は観覧券が必要)、申込不要
*第1展示室前にお集まりください。

展覧会図録ご案内

本館1階ミュージアムショップにて、展覧会開催初日より販売します。

価格:未定


図録表紙

出陳作品の図版・解説の他、研究者による論文、技法解説等を収録しています。

主な展示作品

鉄絵駒図湯のみ茶碗
《相馬駒焼 福島県》
鉄絵駒図湯呑茶碗
十三代 田代清治右衛門
滋賀県立陶芸の森蔵
初代田代源吾右衛門が相馬藩主相馬利胤の命を受け、京焼の野々村仁清の御室窯で修業し、現在の福島市中村字田町に開窯した、と伝えられている。江戸時代は藩(はん)窯(よう)として幕府や大名への贈答品を制作し、明治以降も続いた。現在、十五代(1947-2011)の逝去後、清治右衛門は空席となっている。
塩釉陰刻山図湯のみ茶碗
《益子焼 栃木県》
塩釉陰刻山図湯呑茶碗
浜田庄司
滋賀県立陶芸の森蔵
浜田庄司(1894-1978)は神奈川県生まれ。東京高等工業学校窯業課を卒業後、京都市陶磁器試験場に勤務し、イギリスのセントアイヴスでの作陶を経て、益子を拠点とした活動をはじめた。柳宗悦、河井寬次郎、バーナード・リーチらと共に民芸運動を発展させ、昭和30年(1955)重要無形文化財「民芸陶器」保持者(人間国宝)に認定された。
青手九谷山水図共蓋湯のみ茶碗
《九谷焼 石川県》
青手九谷山水図共蓋湯呑茶碗
初代徳田八十吉
滋賀県立陶芸の森蔵
初代徳田八十吉(1873-1956)は石川県小松市の染物屋に生まれた。はじめ日本画を学んだが、陶磁器の上絵付けに関心をもち、九谷焼の荒木採令に師事し、その研究に心血を注いで九谷五彩を再現させた。三代八十吉(1933-2009)は重要無形文化財「彩釉磁器」保持者(人間国宝)に認定され、現在は四代が継承している。
織部写共蓋湯のみ茶碗
《瀬戸焼 古瀬戸窯 愛知県》
織部写共蓋湯呑茶碗
三代加藤作助
滋賀県立陶芸の森蔵
加藤作助家は御窯屋加藤唐三郎(初代)の三弟景元を家祖とする赤津の陶家である。初代作助(1808-1893)は古作に倣った古瀬戸釉や織部の茶器などを作り、二代は大正天皇の御大典記念に古瀬戸香炉を制作して「古瀬戸窯」の号と金印を賜った。三代は織部焼の名手。その後四代、五代と継承され現在に至る。
辰砂藍絵花鳥文湯のみ茶碗
《清水焼 鐘渓窯 京都府》
辰砂藍絵花鳥文湯呑茶碗
河井寬次郎
滋賀県立陶芸の森蔵
河井寬次郎は島根県生まれ。東京高等工業学校窯業課を卒業後、京都市陶磁器試験場に勤務し、大正9年(1920)鐘渓窯で作家活動をはじめた。柳宗悦、浜田庄司、バーナード・リーチらの唱える民芸運動の賛同し、精力的に活動した。木彫、書、文筆の分野にも積極的に関わった。
色絵陽刻蟹文湯のみ茶碗
《水月焼 愛媛県》
色絵陽刻蟹文湯呑茶碗
好川 亀
滋賀県立陶芸の森蔵
水月焼は好川恒方(1883-1978)が愛媛県松山市岩崎町で開窯。青年期に学んだ造形菓子の技術で細工物を用いる陶磁器をはじめた。神像、動植物、山水などを得意としたが、なかでも天神蟹(赤手蟹)は自宅で飼育して生体観測し、写実的な表現を追求した。好川亀は恒方と共に制作した兄弟。二代は恒悦が継承し、その後閉窯となった。
赤絵染付柿絵共蓋湯のみ茶碗
《有田焼 佐賀県》
赤絵染付柿絵共蓋湯呑茶碗
十二代酒井田柿右衛門
滋賀県立陶芸の森蔵
同家は有田を代表する陶家。初代(1596-1666)は色絵の創始者として知られている。十二代(1878-1963)は昭和28年(1953)、柿右衛門様式の素地であり江戸後期に断絶していた「濁手」の復元に成功。柿右衛門製陶技術保存会は、同51年に重要無形文化財「柿右衛門(濁手)」保持団体に指定された。現在の当主は十五代。
染付鉄絵唐草文湯のみ茶碗
《壺屋焼 沖縄県》
染付鉄絵唐草文湯呑茶碗
制作者不明
滋賀県立陶芸の森蔵
壺屋焼は那覇市壺屋周辺地域において1682年頃からはじまった。壺や甕など大物で無釉の焼締陶器「荒焼」と、日常陶器など小物の施釉陶器「上焼」があり、沖縄諸島一円に流通した。明治以降、有田焼におされて衰退したが、民芸運動を通じて再び注目を集め、今日に至っている。
会期 平成30年9月1日(土)から10月21日(日)まで
会場 愛知県陶磁美術館 第1・第2展示室
開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
※9月1日(土)は開会式のため、観覧は午前11時より
休館日 毎週月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月8日(月・祝)は開館し、 9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
観覧料 一般600円(480円)・高校・大学生500円(400円)・中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せてご観覧いただけます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください
割引制度

《割引制度》
リニモ「藤が丘」「愛・地球博記念公園」「陶磁資料館南」「八草」各駅に設置の割引チラシ(リニモ利用者に限る。)/リニモ「一日乗車券」/名古屋市交通局「一日乗車券」及び「ド二チエコきっぷ」/モリコロパーク駐車場再入場券/名都美術館有料観覧券の半券(2か月以内)を持参の方は、観覧料が2割引となる。
※チラシ等の割引引換券又はJAF会員証、「ミュージアムぐるっとパス・関西2018」掲載の割引券、「愛知ふるさと大使」の名刺を持参の方は、観覧料が100円引となる。
※身体等に障がいのある方及び付添者は手帳を受付にて呈示すると、観覧料の割引制度が適用される。(割引要件があります、詳しくはこちらをご覧ください。)
※各割引制度の併用は不可。

主催 愛知県陶磁美術館
共催 滋賀県立陶芸の森、朝日新聞社
後援 愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館 学芸課 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:神崎かず子、田村哲
報道機関の皆様へ 2018年7月19日(木)県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
プレス・リリース資料(2018年7月19日付)のダウンロードはこちら
beyond2020
認証事業
本展はbeyond2020の認証事業です。beyond2020プログラムは日本文化の魅力を発信するとともに、2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラムです。
詳しくは下記バナーからのリンク先(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の公式WEBサイト)を御覧ください。
beyond2020