愛知県陶磁美術館

  2019年度の「南館テーマ展示(南館1階展示室中央)」のご案内

本年度、南館1階中央では、各地を代表する「作り手」たちの作品を四半期ごとに詳しく紹介するテーマ展示を開催します。愛知県には、「常滑焼」、「赤津焼(瀬戸)」、「瀬戸染付焼(瀬戸)」、「尾張七宝(名古屋周辺)」、「三州鬼瓦工芸品(高浜周辺)」という、4つの大きな陶産地と、5つの伝統的工芸品があります。今に息づく伝統的な愛知県のやきものづくりについて、多彩な技・装飾に焦点をあててその魅力を紹介します。


【テーマと会期】
「常滑・急須」
2019年4月2日(火)~7月7日(日)
「瀬戸・染付」
2019年7月9日(火)~9月29日(日)
「尾張・七宝」
2019年10月1日(火)~2020年1月13日(月・祝)
「三州・鬼瓦」
2020年1月15日(水)~3月29日(日)


  【瀬戸・染付】2019年7月9日(火)~9月29日(日)

今年度のテーマ展示では、愛知県内各陶産地の伝統的工芸品を紹介する第二弾として瀬戸の染付を紹介します。
「瀬戸染付焼」は平成9年に伝統的工芸品に指定され、19世紀から始まる磁器生産とともに新しく作られて来ました。また瀬戸は、日本の六古窯の一つとして1200年のやきもの生産の歴史があり、わが国を代表する陶産地の一つです。
染付鳳凰唐草文蓋物などの作品はじめ10数点を展示中です。


染付鳳凰唐草文蓋物 瀬戸・加藤周兵衛 明治時代(19世紀) 青山両一氏寄贈



  2019年度の「南館特集陳列(南館1階展示室内)」のご案内

南館1階展示「愛知のやきもの「今」」では、 特別陳列コーナーで作品の展示替えを行っております。2019年度は、陶芸館でのワークショップと連携した陳列を実施する予定です。


【テーマと会期】
「やきものの街の風景」
2019年4月2日(火)~7月7日(日)
「やきものの技法から常滑を知る」
2019年7月9日(火)~9月29日(日)
「やきものの技法から瀬戸を知る(染付)」
2019年10月1日(火)~2020年1月13日(月・祝)
「やきものの技法から名古屋周辺を知る(尾張七宝)」
2020年1月15日(水)~3月29日(日)

ページトップへ戻る