トップページ陶芸体験>陶芸館 ご利用案内

陶芸体験 ご利用案内

かんたん、なのにけっこう本格派。

陶芸館では、陶芸指導員のやさしい指導のもと、「作陶」または「絵付け」を体験いただけます。

やきものづくりは、手で土の感触を楽しみながら形を作っていくことや、器の形に合わせて筆で絵付けをすることなど、普段の生活の中で忘れがちな感覚を思い出させてくれる体験となります。

また、体験を通じて、ご家族・ご友人との会話も弾むことでしょう。

小さいお子様やご年配の方まで楽しむことができますので、ぜひ、ご利用をお待ちしています。

※陶芸館からのお知らせ※
大型連休中や土日休日の作陶体験は、大変混雑することが予想されます。
◆受付でお並びいただくことがあります。
◆満室となった場合、作陶体験ができない場合があります。
混雑の解消には努めておりますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

ご利用案内

イメージ
開室時間 午前9時30 分 - 午後4 時30 分まで
※作品制作には概ね2時間程度必要なため、 午後2時30分に受付終了となります。
閉室 毎週月曜日 (ただし月曜日が休日の場合は、その翌日)
年末年始(12 月28 日 - 1 月4 日)

ご利用の
お申込み

随時、窓口で受付けております。
10 名以上の場合はご予約をお願いします。

一般的な
利用料金の例

作陶:粘土1kg2時間利用の場合

(一般)¥740- (中学生以下)¥620-

絵付:湯呑み1個2時間利用の場合

(一般)¥680- (中学生以下)¥560-

※2014年4月1日現在の料金です。

作品の完成と
引き渡し
陶芸館の売店にて受付ます。
別料金で郵送もあります。
お問い合わせ 電話:0561-84-7474(代表)

メニュー・詳細

やきもの体験は2種類

  • 作陶
  • 作陶
    初心者から経験者まで、どなたでも陶芸指導員の指導を受けながら自由に作陶できます。
    手まわしロクロを使います。(電動ロクロの使用は経験者に限ります)
  • 絵付け
  • 絵付け
    皿・湯呑みに自由に絵付けをすることができます。
    (絵の具は基本2 色のほか、売店で買い足しすることができます)

愛知県陶磁美術館オリジナルの豊富な釉薬 やきものを美しくする魔法の薬

釉薬イメージ 釉薬(ゆうやく)とは、陶磁器の表面を覆っているガラス質の皮膜の部分です。器の表面を丈夫にし、水がしみこむのを防ぎ、美しく装飾する役割があります。同じ釉薬を使用しても、土によって仕上がりが変わります。 作陶体験では、陶芸館オリジナルの9種類の釉薬からお好きな1つを選んで頂けます。
(釉薬がけは指導員が行います。)

釉薬(ゆうやく)

  透明 白マット 青磁 黄瀬戸 イラボ 織部 黒天目 黒マット 鉄赤
白土
赤土
※土によって仕上がりが変わります。

陶芸館ご利用の流れ

  • 受付
  • ①ご利用方法についてご案内します。
  • 説明
  • ②初めての方には指導員が説明します。
  • 売店
  • ③材料を購入します。
  • 作陶
  • ④最大156席あります。
  • 完成
  • 完成は約1か月後
  • ① 受付:陶芸館受付にてご利用方法についてご案内いたします。
    2種類の体験メニュー(作陶・絵付け)よりお好きな方をお選びください。
  • ② 説明:初めての方には陶芸指導員が手順と実習上の注意事項を説明します。
  • ③ 売店:売店にて材料を購入します。
    (作陶の方は粘土、絵付けの方は湯呑または皿)
  • ④ 作陶:素敵な作品をお作りください。
  • ●材料(粘土や絵付け素材)は館内の売店でお買い求めください。
    使用する道具は教室にあります。
  • ●初めて作陶される方への指導員の説明は14 時30分までとさせていただきます。
    (9 時30 分から、30 分ごとに行います)
  • ●作品の大きさは、縦横ともに5cm以上30cm以下・高さ30cm以下・厚さ1cm以下とします。

体験後の作品は…

イメージ

  • ●素焼き・釉薬がけ・本焼成は指導員が行います。
    (作品の破損等の事故については保証しかねますのでご承知おきください)
  • ●作品の引取は、実習日の約1か月後から2か月目までの間に引換券と交換します。また郵送希望の方は、売店へお申し出ください。
    (引換期間を過ぎた作品は処分しますのであらかじめご了承ください)