中央病院について

中央病院のご紹介

コロニー中央病院は新しく生まれ変わります

コロニー中央病院 完成予定図

 これまで、心身障害者コロニー中央病院は、心身の発達に重大な障害を及ぼす各種疾病に対する専門的かつ総合的な診断とその予防・治療を担い、ショートステイ等地域支援や重症心身障害児者医療を提供して、障害のある方とその家族を支援する専門医療機関としての役割を担ってきました。このたび長年の念願であった病院の全面建て替えがなされ名称も「愛知県医療療育総合センター」として新たに発足する事になりました。ここに至るまで多くの方々のお力添え、ご理解とご協力を賜りましたことに心より御礼申し上げます。建物や組織は新しくなりますが、県内の発達障害医療の拠点施設として、また、周産期医療および小児医療の後方支援を担う施設としての役割はこれまでと変わりなく果たしてまいりますのでどうか宜しくお願い申し上げます。
 当院は従来から障害児者に対し、様々な診療科による医療の提供を行ってきました。先天異常症や重症心身障害児者への病院全体で取り組む総合的な診療体制、てんかんや神経筋疾患を専門とする小児神経科、障害児者の生活の質を主として手術的治療で向上させる小児外科や整形外科など外科系も充実させ、伝統ある障害者歯科も含め幅広くニーズに応えて来ました。今後はそれらを一層活性化すると共に、臨床遺伝に関わる診療やリハビリ部門の更なる拡充を図ることが重要と考えております。
 建物の詳細や各診療科の診療内容については、個別のサイトをご覧いただき、これまで以上にご利用いただけることを願っております。なお、ご不明な点に関しましては気軽にお問い合わせいただければ幸いと存じます。新センターにどうぞご期待下さい!

愛知県医療療育総合センター中央病院   院長 吉田 太