ホーム当センターのご紹介 > 総長ごあいさつ

総長ごあいさつ

総長 高橋 隆
愛知県がんセンター
総長 高橋 隆

 愛知県がんセンターは、1964年に設立され50年余の歴史を持つ、愛知県がん対策推進条例に記された施策遂行の一端を担う機関です。国立がん研究センターやがん研究会がん研究所と並ぶ日本における主要がんセンターの一つであり、愛知県下のがん診療連携拠点病院の中心的な存在でもあります。
 現在のがん医療は、がん研究の進展と密接に関連しており、もはや融合しているといっても過言ではありません。今やヒトゲノムの塩基配列はすべて解読されており、ゲノム解析の技術革新と相まって、個々のがんのアキレス腱を同定して射抜こうという、精密医療の実現が期待されています。また、がんと免疫系の相互作用の科学的理解の進歩にも大きなインパクトを与えて、まさにがん医療を変えようとしています。一方で、加速度的増加を示すゲノムデータの膨大さと広大な応用範囲は、従前のアプローチでは到底対応しきれなくなっていますし、またゲノム編集技術の開発は、遺伝子機能の研究アプローチを大きく変えました。
 まさに、がん研究と医療のあり方は、変革を迫られています。そのような時代にあって、愛知県がんセンターは、がんに関わる研究と医療の双方の専門家が集結した、総合がんセンターとしての強みを産・学・官間の連携を強化しつつ最大化して、がんの予防・診断・治療の革新を目指しています。そして、基本理念に掲げるように、革新的な最先端の研究成果と根拠に基づいた最良のがん医療を、患者さんの立場に立って提供するという、総合がんセンターとして負うべき説明責任を、病院と研究所が一丸となって十二分に果たしてまいります。

 最後に皆様のより一層の温かいご理解とご支援をお願い申し上げまして、ご挨拶に代えさせていただきます。 

このページのトップへ