ホーム当センターのご紹介 > 重点プロジェクト

がん研究と医療が日本で一番進んだ「がんにならない、なっても安心な愛知県」を目指して、重点プロジェクトを開始します

 当センターは、臨床への導入が始まりつつあるゲノム医療への対応のために、病院に平成29年4月に個別化医療センターを、平成30年4月にリスク評価センターを開設し、さらに平成31年3月にはがんゲノム医療センターを整備しました。また、研究所にキャンサーバイオバンク愛知を設置し、ゲノム解析の情報と生活習慣などの疫学的情報の付帯する血液及び組織試料の系統的収集を開始しました。さらに、平成30年4月には研究所の全面的な組織再編を行い、基礎と臨床の橋渡しを担うトランスレーショナルリサーチと予防に関わる研究分野を中心に、体制の大幅な強化を進めてきました。
 それを受けて、がん研究と医療が日本で一番進んだ「がんにならない、なっても安心な愛知県」の実現に、研究所と病院を併設する総合がんセンターとしての強みを最大化して貢献するべく、平成31年度から総合がんセンター機能強化推進事業を立ち上げることとなりました。当センターの研究所と病院は、伝統と実績に安住せず両者一丸となって、次世代のがんの予防と医療を創出すべく、以下の4つの重点プロジェクトを強力に推進してまいります。

重点プロジェクト

1)がんゲノム予防医療プロジェクト

1−1)大規模病院疫学研究を基盤とした遺伝性腫瘍のリスク群における個別化予防を志向したエビデンス創出研究

  • (研究所:分子遺伝学分野、がん予防研究分野、がん情報・対策分野、システム解析学分野)
  • (病院:内視鏡部、消化器内科部、消化器外科部、手術部、集中治療部、乳腺科部、婦人科部、頭頸部外科部)
がんゲノム医療が進展するに従い対応がますます重要となる遺伝性腫瘍の日本人における頻度やリスク評価手法の研究を進めて、リスク群の推定と適切な介入法の開発による個別化予防を目指します。

1−2)大規模病院疫学研究をベースとした環境要因・遺伝要因を用いた散発性がんの個別化予防を志向したエビデンスの創出研究

  • (研究所:がん予防研究分野、がん標的治療TR分野、がん情報・対策研究分野、システム解析学分野)
  • (病院:リスク評価センター、内視鏡部、消化器内科部、消化器外科部、手術部、集中治療部、頭頸部外科部、乳腺科部、呼吸器内科部、呼吸器外科部)
ゲノム上の個人差(遺伝性の腫瘍を起こすような異常ではない)と、生活習慣や環境要因との相互作用をもとに、一般的な散発性のがんへの罹りやすさを推定して個別化予防を目指す課題。

2)がん超精密医療プロジェクト

2−1)分子標的治療薬に対する耐性機序解明に関わる基盤形成

  • (研究所:がん標的治療TR分野、分子診断TR分野)
  • (病院:薬物療法部、呼吸器内科部、外来部)
がんのアキレス腱を狙い撃つ分子標的薬による治療の最適化や、必発ともいえる治療に対する耐性獲得の分子機序の解明を進め、その効果的な対処法の開発を目指す課題。

2−2)難治がんPDXモデルのライブラリー整備とその多層的オミクス解析による統合データ基盤構築

  • (研究所:分子診断TR分野、腫瘍免疫制御TR分野、がん標的治療TR分野)
  • (病院:消化器内科部、消化器外科部、呼吸器内科部、呼吸器外科部、外来部)
膵臓癌などの難治がんの患者腫瘍移植モデルのライブラリーを整備し、革新的な診断法や治療法の開発に資する、ゲノムと蛋白の多層的オミクス解析を通じた統合的情報基盤の構築を目指す課題。

3)がん免疫ゲノムプロジェクト

3−1)ネオアンチゲンを標的としたがんワクチン療法の開発

  • (研究所:腫瘍免疫制御TR分野、システム解析学分野、がん標的治療TR分野、分子診断TR分野、腫瘍免疫応答研究分野)
  • (病院:呼吸器外科部、呼吸器内科部、外来部)
第4の治療法として期待されるがん免疫治療の革新を、がん特異的なゲノム異常に起因する異常蛋白を目印に、患者自身の免疫細胞のがん排除機能を増強して実現することを目指す課題。

4)がん情報革命プロジェクト

4−1)愛知県のがん対策、医療評価と将来予測のための、生活習慣情報、社会経済的情報、医療情報の連結データベースの構築と活用

  • (研究所:がん情報・対策研究分野、がん予防研究分野、システム解析学分野)
  • (病院:呼吸器内科部、放射線治療部、消化器外科部、手術部、集中治療部、消化器内科部、内視鏡部、乳腺科部、呼吸器外科部)
  • (愛知県保健医療局)
がん登録、院内がん登録情報、生活習慣情報、及び、社会経済的情報などのビッグデータのスパコン等を用いた情報解析を通じ、がんの将来動向予測や、予防・再発リスク低減に資する情報基盤の構築を目指す課題。

このページのトップへ