愛知県がんセンター病院 > 各種相談のご案内 > 相談支援センターのご案内 > よくあるご質問(がんゲノム医療)

よくあるご質問(がんゲノム医療)

がんゲノム医療に関するQ&Aです。

Q1 愛知県がんセンターのホームページを見ていたら、保険診療と自由診療の、がん遺伝子パネル検査があることを知りました。保険診療と自由診療のパネル検査は何が違うのでしょう。
保険診療の検査の場合は、費用は一部負担となり高額療養費制度も利用できますが、受けていただけるのは一定の条件を満たした方に限られます。また検査に適したがんの検体が必要です。一方、自由診療の検査の場合、保険診療の検査の条件を満たしていない場合でも、希望すれば受けていただける場合があります。検査に適したがんの検体がなくても血液だけで受けていただける検査もあります。一方で、検査費用は全額自己負担となり高額療養費制度は利用できません。
Q2 保険診療で可能ながん遺伝子パネル検査でも、種類によって調べられる遺伝子の数が異なるようですが、遺伝子の数は多いほうが良いのでしょうか。
調べる遺伝子の数が多いほど遺伝子の変異が見つかる可能性は高くなります。しかし、パネルに搭載されるすべての遺伝子に対して効果が期待できる薬剤が存在するわけではなく、一部に限られます。このため、がん遺伝子パネルの検査の性能は、調べられる遺伝子の数だけでは決るのではなく、がんの種類や使用できる検体の状態などによって異なります。どのパネルを選択するかは、主治医または、「がんゲノム外来」を受診されたときに担当医師にご相談ください。
Q3 主治医からがん遺伝子パネル検査を勧められましたが、薬剤が見つかる可能性は少ないといわれ、検査を受けようか迷っています。実際、がん遺伝子パネル検査で、使用できる薬剤が見つかる可能性はどのくらいなのでしょう。
これまでの国内外の研究データから、がん遺伝子パネル検査の結果から、自分のがんに合う薬剤(臨床試験を含む)に結びつく人は、全体の1割程度とされています。治療に結びつかない9割の中には、遺伝子変異が見つかっても適合する薬剤がない場合や、用いることのできる検体の状態によっては解析自体が不成功に終わる場合などが含まれます。これらの場合でも、治療法がないことを意味しているわけではなく、現在進行中の治療を含め考えられる最善の治療を行います。
Q4 主治医からがん遺伝子パネル検査をした場合、結果から遺伝性のがんが見つかる可能性があると聞きました。家族のがんのなりやすさもわかるのでしょうか?
がん細胞は正常な細胞が変化したものですので、がん遺伝子パネル検査では生まれながらのがんになりやすい体質(遺伝性腫瘍といいます)を決める遺伝子変化などがわかることがあり、その確率は5〜10%とされます。この場合、血縁の方が同じ体質をもっている可能性もわかります。ご本人あるいは血縁者の方が、遺伝的な体質についてくわしい情報を知りたい場合には、別途、遺伝カウンセリングや生まれながらの遺伝子変化の有無を調べる検査(遺伝学的検査)を受けていただくことができます。
https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/02shinryo/kakuka/geneticcounseling.html
Q5 がん遺伝子パネル検査は、愛知県がんセンター以外の病院で受けることができますか。
「がんゲノム医療中核拠点病院」、「がんゲノム医療拠点病院」、「がんゲノム医療連携病院」で受けられます。
https://www.mhlw.go.jp/content/000597778.pdf (厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06821.html (厚生労働省ホームページ)
現在かかっておられる医療機関がこれらに含まれていない場合には、その医療機関から紹介いただくことも可能です。
Q6 愛知県がんセンターでがん遺伝子パネル検査を受けるには、どのような手続きが必要でしょうか。
現在当センターに通院中の場合には、診療科の主治医にご相談ください。他の医療機関にかかられている場合には、医療機関を通じて医療連携室宛てお申し込みいただく必要があります。受診の際には、これまでの治療経過を記した紹介状(診療情報提供書)や、検査のための病理組織検体などが必要になりますので、主治医にご相談のうえ、これらをご用意いただいてください。
https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/02shinryo/kakuka/genome.html

患者さんからの直接の予約申し込みは受け付けておりません。


●愛知県がんセンターでさらに詳しい情報を入手するには

がんゲノム医療センター(がんゲノム外来)のホームページをご覧ください。
https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/02shinryo/kakuka/genome.html

ページ上部へ