トップページ人材募集 > 病院の臨床研究教育

病院の臨床研究教育

レジデント・シニアレジデント・技師研修生募集要領はこちら

レジデント制度

 当センターにおける診療業務を通じ、悪性新生物に関する専門知識及び技術を習得することを目的として、修得期間を2年とする「がんセンター病院診療嘱託員(レジデント)制度」を昭和61年度から発足させました。当院では、まずジュニアレジデントとして原則2年間研修を受けられます。その後、さらに研鑽を積みたい場合には、シニアレジデントとして引き続き2年間研修を続けることができます。

令和2年度レジデント募集

レジデント研修コースの紹介
(1)消化器内科コース (2)呼吸器内科コース (3)血液内科コース (4)腫瘍内科コース (5)遺伝子病理診断コース
(6)頭頸部外科コース (7)形成外科コース (8)呼吸器外科コース (9)乳腺科コース (10)消化器外科コース
(11)整形外科コース (12)泌尿器科コース (13)婦人科コース (14)放射線診断・IVRコース (15)放射線治療コース
(16)麻酔科コース (17)緩和ケアコース (18)脳神経外科コース (19)皮膚科コース (20)眼科コース
(21)循環器科コース (22)精神腫瘍科コース (23)リハビリテーション科コース
 

レジデント履修状況

これまでの実績は次表のとおりです。

  平成
21年度
平成
22年度
平成
23年度
  平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
平成
29年度
平成
30年度
消化器内科コース 4 4 6 消化器内科コース 5 6 7 9 10 8 4
呼吸器内科コース 0 0 1 呼吸器内科コース 1 2 3 2 4 3 3
血液内科コース 5 5 4 血液内科コース 8 10 8 9 7 8 4
腫瘍内科コース 腫瘍内科コース
遺伝子病理診断コース 4 1 2 遺伝子病理診断コース 3 2 2 3 3 3 2
頭頸部外科コース 6 4 4 頭頸部外科コース 6 8 6 3 4 3 3
胸部外科コース 9 9 8 呼吸器外科コース 8 10 10 6 7 11 10
乳腺科コース 乳腺科コース
消化器外科コース 6 6 6 消化器外科コース 6 6 6 5 7 10 12
形成外科コース 2 2 2 形成外科コース 2 2 4 3 4 2 2
整形外科コース 整形外科コース
泌尿器科コース 泌尿器科コース
婦人科コース 婦人科コース
麻酔科コース 麻酔科コース 1 1 0
放射線診断コース 4 4 3 放射線診断コース 2 2 2 4 5 3 5
放射線治療コース 4 3 2 放射線治療コース 1 2 5 4 3 3 1
総数 44 38 38 総数 42 50 53 48 55 55 46

学会等認定施設について

計画研修制度

 がん専門職員の不足が、がん対策推進の大きな障害となっています。これを解消するため医療技術者の研修を実施することとし、昭和41年度から本格化しました。計画研修制度は、当センターの計画に基づいて行うものです。対象は、がんその他の悪性新生物に関する診療又は研究に従事する診療放射線技師、臨床検査技師です。

計画研修受入れ状況

区分 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
診療放射線技師 0 0 0 1 0
臨床検査技師 1 2 2 0 3

臨床研修医

 医療の基本的能力を身につけ、プライマリーケアーに対応できる臨床医を育成することを目的とした制度です。愛知県がんセンターは他の基幹病院の協力病院として、初期臨床ローテート研修の一翼を担います。

任意研修制度

 がん専門職員の不足を補うとともに、がん医療を担う優秀な人材を育成することを目的とした制度で、希望に応じて随時行います。
 なお、研修希望者は、国内に限らず、東南アジアを始め欧米各国に及んでいます。

任意研修受入れ状況

区分 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
総数 77 72 66 61 67
医師 54 30 36 44 43
診療放射線技師 1 1 1 0 0
臨床(衛生)検査技師 2 5 5 6 7
看護師 2 16 0 0 0
その他 18 20 24 11 17

このページのトップへ