トップページ > 愛知県がんセンター中央病院  平成30年度患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会 in 愛知のご案内

愛知県がんセンター中央病院  平成30年度患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会 in 愛知のご案内

 「人生の最終段階をあなたはどこでどう迎えたいですか?」「あなたはこれまでにどんな人生を歩み、何を大切にして生きてこられたのでしょうか?」そんな話し合いを行いながら、「これからの時間をどのように過ごしていきたいとお考えですか?もしよければ教えて頂けませんか?」「思いは変わりますよね、前に考えていたこと、今想像していること、そして今、現時点で考えていること。もしよければ、今あなたが考えていることを、そして、現段階ではもしもの時にどうしてほしいとお思いですか?」と尋ねながら、患者さんの意向を尊重した意思決定をその度ごとに一緒に考えていくこと、これがアドバンス・ケア・プランニングです。これを厚生労働省が発表している「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に則って、多職種で学ぶ研修会です。

名称及び内容

  1. 研修会の名称:患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会in愛知
  2. 研修会の内容:平成30年度厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業に基づいた研修会である、「患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会」に準拠しており、その委託先の神戸大学医学部附属病院(緩和支持治療科 木澤義之先生)からの後援をいただいています。

開催日時及び開催会場

  1. 開催日:平成31年3月21日(木祝)午前8時30分から午後5時30分(予定)
  2. 開催地:名古屋市千種区鹿子殿1-1  
    愛知県がんセンター中央病院 国際医学交流センター 大会議室

参加者

愛知県内のがん等の診療に携わる医療介護福祉従事者(先着60名程度)
必ず2職種以上3〜4名を1チームとして、チーム単位で申込みしてください。
※定員になり次第、締切りさせていただきます。

申込期限

平成31年2月28日(木)

参加料

無料(但し、昼食代・茶菓子代等の実費として1,500円を徴収させていただきます)

申込方法

参加申込書にもれなくご記入の上、E-mail またはFAX等にてお申し込みください。

主催者及び緩和ケア研修会の実施担当者 

  1. 主催者:愛知県がんセンター中央病院
  2. 研修会主催責任者:愛知県がんセンター中央病院 院長 丹羽康正
  3. 研修会企画責任者:愛知県がんセンター中央病院 緩和ケアセンター 下山理史

備考 

  1. 全プログラムを終了すると愛知県がんセンター中央病院長名の修了証が授与されます。
  2. 事前にe-learning(http://endoflife2018.umin.jp/material.html )をご覧いただき、内容をご確認いただいてからご参加ください。また、厚生労働省発出の「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」及びその解説編 (https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000197665.html )に基づいた研修となっております。このガイドラインをご受講前に今一度ご確認していただいた上でご参加いただきますと、より充実したグループワークをしていただけます。
  3. 申込後、参加が困難になった場合や参加者に変更が生じた場合には、ご連絡いただきますようお願いいたします。
  4. 寒い季節、特に、インフルエンザ等の流行っている季節の開催です。感染対策は各自丁寧に行ってください。

このページのトップへ