トップページ > 新型コロナウイルス感染に対する対応について

新型コロナウイルス感染に対する対応について

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について (令和3年1月8日掲載、1月12日追記)

 令和3年1月8日(金)に当院に勤務する職員1名が新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。当該職員につきましては1月7日(木)通常勤務、帰宅後発熱したため、8日(金)は自宅療養しておりました。感染経路は不明です。
 濃厚接触をした可能性があるのは職員2名で、自宅待機とします。1月12日(火)にPCR検査を受検予定です。
 濃厚接触者が少数に限られるため、現時点では外来及び入院の制限は行いません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

<1月12日(火)追記>
1月12日(火)にPCR検査を受けた濃厚接触をした可能性がある職員2名につきましては、陰性と確認されました。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について (令和2年12月9日掲載)

 令和2年12月8日(火)に当院に勤務する事務職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。当該職員につきましては11月25日(水)に陽性が判明した事務職員と接触していたため、26日(木)から12月8日(火)まで自宅待機しておりました。11月26日(木)から発熱があり、29日(日)に抗原検査を受検しましたが、結果は陰性でした。発熱が継続していたため、12月8日(火)に再度抗原検査を受検し、陽性が判明しました。
 当該職員は11月26日(木)から自宅待機をしているため、他の職員との接触はありません。
 当該職員の勤務場所は事務室に限られており、また、医師、看護師等及び患者さんとの接触がないため、外来及び入院の診療制限は行いません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(令和2年12月2日掲載、12月4日追記)

 令和2年11月30日(月)及び12月1日(火)に、当院に勤務する病棟看護師2名が新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。
 看護師Aにつきましては、11月26日(木)から28日(土)までは休日で、28日(土)に発熱したため、以降は自宅療養しておりました。
 看護師Bにつきましては、11月28日(土)から29日(日)にかけて夜間勤務をした後、休日であった30日(月)夜に発熱したため、以降は自宅療養しておりました。2名とも感染経路は不明です。
 当院職員に、看護師A、Bの濃厚接触者はおりません。看護師Aは、発症の2日前から患者さんと接する業務は行っておりません。所管の保健センターから職員Bの濃厚接触者として特定を受けた患者さん2名は、個室に移動していただいております。 
 また、濃厚接触者の患者さん2名を含め、看護師Bと接触のあった患者さん13名につきましては、所管の保健センターと調整をした結果、12月3日(木)にPCR検査を受検する予定です。検査の結果、陽性者が出た場合は、保健センターの指示に従い対応します。
 看護師A、Bは感染対策を行った上で勤務しており、病棟はアルコール消毒を含む通常清掃を毎日行っております。また、職員A、Bが勤務する病棟内で新型コロナウイルス感染症特有の症状を訴えている患者さんはいないことから、病院の運営は通常どおり行います。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

<12月4日(金)追記>
12月3日(木)にPCR検査を受けていただいた患者さん13名につきましては、全員陰性と確認されました。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(令和2年11月26日掲載)

 令和2年11月25日(水)に当院に勤務する事務職員1名が新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。当該職員につきましては24日(火)に通常どおり勤務した後、同日夜に発熱したため、以降は自宅療養しておりました。感染経路としては、自宅での家庭内感染と判断しております。
 陽性が判明した職員と濃厚接触をした可能性がある患者さんはいませんが、職員では事務職員6名が該当します。濃厚接触したと考えられる職員につきましては、健康観察のため自宅待機としております。
 当該職員の勤務場所は事務室に限られており、また、医師、看護師等及び患者さんとの接触がないため、外来及び入院の診療制限は行いません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(令和2年10月23日掲載)

 令和2年10月23日(金)に当院病棟に勤務する臨床工学技士1名が新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。当該職員につきましては20日(火)に通常どおり勤務した後、同日夜に発熱したため、以降は自宅療養しておりました。感染経路は不明です。
 陽性が判明した職員と濃厚接触をした可能性がある患者さんはいませんが、職員では臨床工学技士3名が該当します。当院職員につきましてはPCR検査を実施し、陰性を確認しております。
 濃厚接触者が少数に限られるため、現時点では外来及び入院の診療制限は行いません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(令和2年8月11日掲載)

 令和2年7月31日(金)に当院外来に勤務する看護師1名が新型コロナウイルス陽性であることが判明したことに伴い、当該看護師と接触したすべての職員に対してPCR検査を実施し、陰性であることを確認いたしました。
 また、濃厚接触者として8月3日(月)にPCR検査を受けていただいた患者さん1名につきましても、陰性を確認しております。
 なお、外来化学療法センターにつきましては、万全を期すために10日(月)に消毒を実施いたしました。
 そのため、外来及び病棟への入院などの診療業務に影響はございません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(令和2年8月1日掲載)

 令和2年7月31日(金)に当院外来に勤務する看護師1名が新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。当該職員につきましては4連休明けの27日(月)に通常どおり勤務した後、同日夜に発熱したため、28日(火)以降は自宅療養しておりました。感染経路は不明です。
 濃厚接触をした可能性があるのは患者さん1名、職員では看護師3名です。患者さん1名については8月3日(月)にPCR検査を受けていただき、看護師3名につきましては自宅待機とします。
 濃厚接触者が少数に限られるため、現時点では外来及び入院の制限は行いません。
 皆様にはご心配をおかけして申し訳ございません。今後とも感染拡大防止に向け適切な対応に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

このページのトップへ